2019年06月25日

2019年6月23日礼拝メッセージ 「生きる価値はどこ?」イザヤ43章4節音声で聴く。

イザヤ43:4         「生きる価値はどこに?」         19/6.23 

【序】キリスト教福音放送局に青年からの質問があった「僕は生まれてほとんど寝たきりの生活です。でも生きる意味を知りたくて、教会に尋ねてみましたが、話をうやむやにされてしまいました。僕の様な者にも生きる価値はありますか?自分が生かされている理由がわからず、とても苦しいです」この青年の切なる問にその教会は十分答えられなかったのは残念だ。今日はその質問に答えつつ聖書が示す全ての人間の生きる価値はどこにあるのか伝えたい。


T.生きる価値はどこにあるのか

1.この世の考え

 分かり易く言えば、この世は生きる価値を「成績」においている。

 例:学生時代は良い成績 社会に出れば職場での成績、その成果や能力や資格…

  それによって生きる価値が決められる。しかしその青年の様に寝たきりの人生

を生きてきた人にとって成績自体得られない。すると、どこに生きる価値を見

出せるというのか!悪く言えば生きる価値がないとなってしまう。この世が考

える価値では失望しかない結果が生まれてしまうのだ。これではダメだ!

2.聖書の教え

イザヤ43:4「わたしの目にはあなたは高価で尊い、私はあなたを愛している」

成績でなくあなたという存在そのものに価値があるのだ。あなたの能力、成績、資格があるからという理由ではなく、ただあなたという存在そのものが神の目に尊いのだ。あなたという存在自体に価値があるのだ。

【適用】昔は個人が国の駒だとか会社の駒だとか言われ、その反省から現在になってようやく基本的人権とか人間の尊厳とか言われ出しているが、聖書は何千年の前から人間の価値を「成績」ではなく「存在」自体にある事を語っているのだ。これが聖書の変わらない素晴らしい主張!


U.神の愛を見出す場所はどこか

 神はその愛と価値の根拠を十字架に示された。あなたの代わりに神の御子が十字架にかかって死んで裁きを受けて下さる程、あなたに価値を置いておられるのだ。

 「私たちがまだ罪人であった時、キリストが私たちのために死んでくださったことにより、神は私たちに対するご自身の愛を明らかにしておられます」(ローマ5:)


V.人間の生きる目的は何か

 この世の考えーそれは社会に出て仕事を果たすため。しかしその仕事自体できない

人には生きる目的がないという事になるではないか!それでは目的は何か?

マタイ22:36−40 神と人を愛する事、これが生きる目的なのだ。仕事をす

る事も、学びをする事も、家事をする事も、全部手段なのだ。仕事も勉強も家事も

しながら神と人への愛に生きる事だ。

【証】神学生時代に見たクリスマス劇…泊まる場を拒否されたヨセフとマリヤに知的障害のある子が涙流し「ヨセフさんマリヤさん、僕の家に来て泊まって下さい」優しい彼は「愛」という最

高の目的を生きている。何ができなくても愛に生きる事は最高の目的!

posted by kbcc at 17:04 | TrackBack(0) | 礼拝
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186188230

この記事へのトラックバック