2019年09月29日

2019年9月29日礼拝メッセージ 「計り知れない恵み」第一テモテ6: 7,8

Tテモ6:7-8       「計り知れない恵み」    


【導入】酸素ボンベ1ℓ=200円。1日分(1,600ℓ)購入すると32万円になる。無意識のうちに、様々な恵みが与えられている。聖書は、私たちの覆われた目を開き、見えない世界を見せてくれる。パウロの言葉から学ぼう。


T満足・不満足は自分で決定できる


私たちは普段、感謝よりも不満の方が多いかもしれない…。物事が順調でなければ、感謝はできないだろうか?パウロは言う。衣食があれば、それで満足すべきです。(8)」私たちは衣食住に恵まれているが、海外には、食べるにも事欠く人々がいる。けれども、彼らは厳しい現実の中でも笑顔がある。私たちと何が違うのか?

「もっと多くを獲得すれば幸せになれる」という考え方はないか。欲しいものを手に入れると満足するが、必要最低限が満たされただけでは満足しないのだ。ある程度の収入、財産etc.を標準と見なし、不足を数え上げる。一方、貧しくても笑顔の人々は、環境を受け入れている。不便も甘んじて受け、与えられたものを満足している。


【適用】問題は、私たちの環境にあるのではなく“考え方”にある。満足は“所有”によって決まるのではない。与えられた状況をどう捉えるかだ!それは、自分で決定できる。満足か不満かを選ぶのは、私たち自身だ!


U.“当たり前”は当たり前ではない


聖書は「衣食があれば、満足すべきです」と、衣食だけでも満足できる生き方があることを教えている。なぜ、満足できるのか。「私たちは何一つこの世に持って来なかったし、また何一つ持って出ることもできません。(7)」

生来、私たちは何も持っていなかったことを覚えなければならない。誕生さえ自分の意志によるのではない。

生まれる時代も、場所も、性別も、神が全てを決定されたのだ!今、持っているものも、与えられたに過ぎない。また、私たちは命の長さも、自分で決定できない。生きている間に、カネ、地位、能力、人間関係、家庭etc.を身につける。しかし、どんな優れた人物であれ、全てを置いて死ななければならない。


【証】先日、私は原付で転倒した。出血したが、すり傷で済んだ。治療を受けながら、「主が助けて下さった。この程度で済んだ」と感謝で満たされた!健康も当たり前ではない。恵みに目が開かれる時、喜びが湧いてくる!

【例】『もし世界が100人の村だったら』(2001年)→当時63億人の人口を100人の村に縮めると…!?


【適用】「持っている」のが当たり前ではない。「持っていない」のが当たり前であり、聖書が示す正しい視点だ。

これが分かると、小さな事にも感謝の思いが溢れる。好ましくない環境でも喜ぶことができる!


V持っているものを見直そう


日常生活に戻ると、感謝できないという方へ。「金銀は私にはない。しかし、私にあるものを上げよう。ナザレのイエス・キリストの名によって歩きなさい。(使徒3:6)」御名=神との個人的な関係。→全てを与えられたに等しい。聖書の約束は全てあなたのものだから!(マタ6:33、ロマ8:28、詩50:15 etc.


【適用】私たちは既に、計り知れない恵みが与えられている。それを思い起こす時、感謝と喜びに満たされる!

posted by kbcc at 23:18 | TrackBack(0) | 礼拝
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186625345

この記事へのトラックバック