2019年10月06日

2019年10月6日礼拝メッセージ「人の時と神の時」


ヨハネ7:6、30       「人の時と神の時」       19/10.6【序】自分の人生を振り返って「全て自分の思い通りになってきた」という方はおられるだろうか?ほとんどの方がそうではないだろう。いやむしろこんな事が起こるなんて想像さえしなかったという方が多いのではないか?私も自分がクリスチャンになり、しかも牧師になるなんて全く自分の人生設計にはなかった事だった。これを考えると自分の人生設計や時とは異なる計画と時間で動かす誰かがおられるという事だ。今日の聖書にそれが示されており、またその時を知ると安心感も生まれてくることをお伝えしたい。

T.人生には「人の時」と「神の時」がある
 福音書記者は「イエスを捕らえようとしたが誰もイエスに手をかけた者はいなかった。イエスの時がまだ来ていなかったからである」(30)と語る。
ここで分かることは、キリストを捕えようと動く「人の時」と、キリストが十字架にかかって人類に救いを与える為に兵士たちに捉えられる「神の時」の二つがあるという事である。聖書によれば「時」には二種類ある。言えることは世には悪さえ企てる人や時があるが、最終的に神のわざが現れるような事には至らない。真に事を成らせるのは「神の時」である。
 
U.「人の時」を恐れることはない
 主を捕らえようとする悪の時が働いたが、事は成らなかった。(30) 
【適用】私達は自分に悪い事が起こる時を思って恐れる。重い病気になると死ぬのではないかと恐れるが、どんなに重い病でも神の時が来ないなら死なないし、神の時が来れば健康でも死ぬのである。だから「神の時」が来ないなら、人が悪を企てる事はあってもそれは「人の時」であり、事は起こらない。しかし現実に悪が起こる時がある。もし悪が起こる事があっても「神の時」ならば、神の支配の中でしか動かず、益に変えられる→「あなたがたは悪を計りましたが、神はそれを良いことの計らいとされました」(創世記50:20)

V.「神の時」こそ最善の時である
 主は神の時に従って慎重に行動されたが(6)、人は「神の時」を待てないで早まって行動して失敗する。しかし有難い事に最終的に神が祝福を実現して下さる。
モーセの例:40歳の時同胞の民が奴隷として虐待されるのを見て救出行動に出るが(「人の時」)殺人までして荒野に逃亡。そこで失意の生活。人間的には富も能力もなくなり同胞の民を助ける力もなくなったが、40年後神は「神の時」が来たとして動かされる。モーセは何度も拒絶したがようやく重い腰を上げて行動する。すると自分にはない不思議な力を与えられ民を導く。更に民の不信仰で40年の荒野の生活をしなければならなくなるが、ここでかつて無意味と思えた荒野での羊飼いの40年が功を奏する。荒野を知った指導者でなければ民を導けないからだ。神が人を動かすときは今だけでなく無意味と思えた失敗と思われた過去も全部用いて最善の「神の時」で導かれるのだ。信じて進もう!
posted by kbcc at 23:40 | TrackBack(0) | 礼拝
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186653599

この記事へのトラックバック