2019年10月27日

2019年10月27日礼拝メッセージ 「あなたの名を呼ぶ神」音声で聴く。


イザヤ43:1−4       「あなたの名を呼ぶ神」      19/10.27
【序】私はクリスチャンになるまで毎年正月に家族では三つの神社に初詣でに通った。クリスチャンになってから、日本の神々と聖書の教える神とでは全く違うことが分かってきた。日本の神々は、人間が神を呼ぶしかないし、しかも果たして石や偶像や死んだ人間や動物まで拝むのだから答えてくれるとも思えない。それに対して聖書の神は、人間を呼ばれる神だ。→「わたしはあなたの名を呼んだ」(1)とある。なぜ呼ばれるのか伝えたい。
T.あなたを呼ぶ神の存在について
求道者からよく聞く質問に「聖書は良い話だが、どうしても先に進まない「神は果たしておられるのか?」がある→素晴らしい作品があるなら作者がそこにいなくてもその存在は疑いようがない。同じように神がおられるのはその作品である大宇宙と人間からわかる。→「あなたを造りだした方、主!」(1)人間の目の不思議さ…
U.神があなたの名を呼ぶ三つの理由
1.あなたを知っているから呼んでいる
「知っている」とは、あなたの全てを知っているとの意味。どんな境遇でどんな悩み悲しみがあるかも全てを知っている。しかもあなたが神を求める遙か前からあなたのことを知っている。
【例】神の子キリストがエリコという町に入られた時、群衆の中に無花果桑の木に登って見下ろしていた男がいた。ザアカイである。彼は金持ちになったが思ったほど満足はなく誰も自分を名前で呼ばず罪人と呼ばれる虚しさと孤独にあった。その彼にキリストは一度も会った事がないのに声を掛ける「ザアカイよ」と。やがてザアカイの人生は一変する!
2.あなたを本当に愛しているから呼んでいる
   私達人間は相手を愛している時は名前を愛を込めて呼べるが、仲違いすると、途端に名前が呼べなくなる。【例】人類の最初から。アダムとエバの「あの女が…」
しかし神は私たちがどんなに反抗的で御心に反していても名前を呼んで愛し、回復させてくださる。「わたしの目にはあなたは高価で尊い」(4)と呼び掛けて下さる。
3.あなたでなければ出来ない使命があるから呼んでいる
  「ヤコブよ…イスラエルよ」ヤコブは神を知るまでの生来の自分、野心家であり策略家。イスラエルは神によって変えられ用いられた自分。聖書を読んでわかることは、どんな人にも使命というものがあるという事だ。 
【証】和歌山県の牧師から聞いた証…その教会に知恵遅れの男性がいた。どれだけキリスト教のことを理解していたかわからないが礼拝で1テンポも2テンポも遅れながら歌っていた。ある時彼が下働きしている漁船嵐に遭い、皆で入ってくる水を必死になってかきだした。やっと夜が明けた頃嵐はやみ船が港に戻ってくることができた。ところがあの知恵遅れの男性がいない。海に落ちたか、皆で探してみると彼は船底にへばりついて死んでいた。よく見ると彼は船底の破れた大きな穴に自分の足を突っ込んで水の侵入を防いでそのまま死んでいったのだ。船長が懐には讃美歌があったと教会に持参した。
【結び】シュバイツァ―博士は訪れてくる日本人に言った「勤勉な日本人の皆さん、人生で二つの仕事をもって下さい。一つは生活の糧としての仕事、もう一つの仕事は天職で、神から頂いた務めです」→あなたの使命は?
posted by kbcc at 22:48 | TrackBack(0) | 礼拝
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186734075

この記事へのトラックバック