2019年12月09日

2019年12月08日礼拝メッセージ「不安時代の確かな人生ガイド」音声で聴く。


マタイ2:1−11     「不安時代の確かな人生ガイド」    19/12.8
【序】ラジオ番組である心理学者が言った「努力は報われると一般では言われるが、必ずしもそうではない。報われない事が多い。しかしその努力がグンと報われる確率が高くなるケースがある。それは、確かな何かを信じて努力するなら、報われる確率が高くなる」… 2千年前の「東方の博士達」もどちらを向いても砂ばかりの砂漠の中を「確かな信じるものに」導かれて救い主を礼拝するという目的を果たす事が出来た。東方の博士達にあった「確かな人生ガイド」は何だったのか、今日にも適用されるメッセージを持っている。

T.「星」という確かなガイド
 東方の博士達が救い主に出会うために導かれたのは先ず「星」であった(2)。これは今も神が誰にでも導く確かなガイドである。
 【適用】あなたも自分があの時あの人に出会わなかったら今の私はなかったとか、あの問題を経験しなかったら今のような考え方にはなれなかったという「星」があったのではないか?
その「星」は時に苦難や病や問題であるかもしれない。しかし詩篇119:71に「苦しみにあった事は私にとって幸せでした…それであなたのおきてを学びました」と幸福に繋がる事を教えている。故に苦難で必要以上に落ち込まない事だ。大切な真理に導く「星」なのだから!

U.「聖書」という確かなガイド
東方の博士達はエルサレムまでは星に導かれて来たが、救い主誕生の場所がベツレヘムである事は「聖書」(5,6)に聞かねば分からなかった。そのように確かな道や救いを得るには「聖書の言葉に聞く事」が大切なのだ。聖書は古代の本でありながら世界で最も読まれているスーパーベストセラーであり、世界中の人々の人生を変え、性格を変え、絶望から希望へと変えてきたのだ。
【証】米国で最も尊敬され大統領リンカーン…彼は友人から「君の顔を見ていると世界の不幸をひとりで担いでいるような暗い顔だよ」と言われ。実際不幸と挫折感に打ちのめされていた若者だった…祖父はインディアンに殺され、最愛の母に死に別れ(9才)、事業に失敗、婚約者を失い(溺死26才)、鬱病(27才)、6度の選挙敗北。ただ絶望的な半生から立ち上がらせてくれたのは、最愛の母からいつも読む様に言われていた聖書の言葉であった。最後の大統領選挙で奇跡的当選!→「聖書こそ神が人類に与えて下さった最も素晴らしい贈り物である。恵は世界の救い主キリストから皆与えられる」
 
V.理想環境を求めるよりも目的を果たす事こそ確かなガイド
東方の博士達にとって求める「人類の救い主」が、まさか幼児さえ虐殺するヘロデ王の時代と場所という劣悪環境の中で見出すとは思わなかったのではないか。理想とは全く異なる。しかし東方の博士達は目的を投げ出さず果たした。そして博士達は身の安全とこの上ない喜び(10)という報いが与えられた。
【適用】私達は理想環境を求めやすい。しかし求めるべき答えは理想環境の中でなくてよいのだ。大切な事は理想の環境を求めることではなく、目的を果たす事だ。相手の反応が悪くても、環境が改善されなくても、今日成すべき善を果たしていくことが大切なのだ。
posted by kbcc at 16:54 | TrackBack(0) | 礼拝
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186899435

この記事へのトラックバック