2019年12月26日

2019年12月22日礼拝メッセージ「クリスマスが示す神の愛」音声で聴く。


ローマ5:8        「クリスマスが示す神の愛」         19/12.22
【序】北野武の本『新しい道徳』を読んで驚いた。聖書や神様の事が結構書かれてある。彼はこの日本で道徳を教えるのは本当に難しいと語る。神が分かりにくい国民だからだと。全宇宙を造り人間を創造した絶対者がいたら、いちいち道徳に説明は要らない。神様がそう言ったからそれは正しい、でスパッと決まる。ところが神という前提がないならば、善を勧め、悪を禁ずる事に理屈をつけなくてはならなくなる。「良い事をしたら気持ちがいいから」とか。何の前提もなしで道徳を教えるというのは至難の業だ。どうして牛は殺してもいいけど人を殺してはいけないと生徒に質問された時、どれぐらいの先生が納得できる説明が出来るだろうと書いてあった…日本でもクリスマスは大変なイベントだが、ほとんど神抜きだ。今日は、抜かしてはならない神が私達に知ってほしいと願っておられる神の愛について伝えたい。
T.神の驚くばかりの愛(人間の愛と照らして)
「私たちがまだ罪人であった時、キリストが私たちのために死んでくださったことにより神は私たちに対するご自身の愛を明らかにしておられます」(ローマ5:8) 私達罪人のために身代わりに死ぬという愛!
考えさせられた本がある→野村克也氏の著『ありがとうを言えなくて』(妻沙知代さんに対して2017)て…野村氏の家で家政婦さんが「奥様の具合が悪いです」と言われ野村氏が部屋に入って「大丈夫か?」「大丈夫よ」それが最後の言葉、救急車に運ばれている間に息を引き取った。それがこの本の執筆理由…出会いは原宿の高級中華料理店。マダムから「この方、野村監督よ」「どこの現場監督?」「プロ野球の監督!」息子に電話したら「ママ、野村監督はすごい人だよ」「わかった」と、付き合いが始まった。野村氏「二人の息子さんを紹介して」「あんまりかわいい男の子だったので孤児院から引き取ってきた」(嘘―前夫との間のハーフの息子)。「わたしコロンビア大卒なのよ」(嘘)後に嘘がばれ詰問されても「だってあんたに関係ないじゃない」こういう女性、私は無理!…野村氏が南海ホークス監督の時、家で選手のことを「さぼっている」とぼやくと、沙知代さん翌日球場に行きその選手に関係もないのに注意する。そんな事でチームの不満が爆発、成績が落ち、オーナーから「監督を取るか夫人を取るか、二者択一だ」野村氏「惚れた弱みがある」と即決妻を選ぶ(こういう女性に惚れるのかわからない)。東京に行きヤクルトに拾われた後は日本一にもなり大金持ちになったが、金銭には疎く、妻にまかせっきり。沙知代さんはそれで脱税。にも拘らず「仕事やお金はいくらでも稼げるが沙知代は世界でたった一人」普通なら愛想をつかせられる筈だが、わからない。しかしもっとわからない事がある。「キリストは私達罪人のためにいのちを捨てて下さるほど愛された」
私達の愛は、自分を愛してくれる人を愛するのが基本。或いは、相手の中にある価値の故に愛する。可愛い、ルックスが好み、優しい。お金持ち、能力…良い所を見つけて愛する。それがなくなったら情熱覚めて一緒におりたくなくなる。しかしキリストは私達が神を疎んじたり、無視したり否定したりする時でさえ、私たちを愛してくださったのだ。
【適用】ところであなたは、自分の命に代えてでも実現したいことがあるか?命に代えてでも(我々は命あっての物種)キリストにはそれがあった。それはあなたの救いのために身代わりの裁きを受けて死ぬという事!
U.なぜ神はそれほどあなたを愛するのか
それはあなたが立派だから、優秀だから、信仰が強いからという事ではない。その理由は     
神が愛だから(Tヨハネ4:8)。それが理由なのだ。God loves you. Because God is love.  聖書に悪魔が出てくるが、悪魔が真理を隠して示したいことは「神はあなたを愛していない、神はあなたに怒っている、憎んでいる、呪いの計画しかもっていない」なのだ。しかし神は愛だからあなたを愛するのだ。キリストの十字架は神があなたを愛しているというしるしなのだ。もしあなたが神の愛が分からなくなった時、キリストの十字架を見上げて戴きたい。まぎれもなく神があなたを愛しておられる動かぬ証拠である。

posted by kbcc at 21:40 | TrackBack(0) | 礼拝
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186962217

この記事へのトラックバック