2019年12月29日

2019年12月29日礼拝メッセージ「主をほめたてえよ」音声で聴く。


詩篇103:1−5         「主をほめたたえよ」          19/12.29
【序】忘年会は本来、1年の労苦を忘れ、ねぎらうために始まった。しかし、今や不満大会と化し、参加したくない人が増えているという。飲食は楽しいが、嫌な事を忘れることはできない。一方、聖書は恵みを数え、恵みの与え主である神を賛美し、感謝する生き方を教えている。

T.恵みに目を留めよ
著者ダビデは、イスラエル繁栄の土台を築いた王。祝された人だから感謝するのは当然か。→否。祝福だけでなく、多くの苦難を経験した。サウルの追跡、親友の死、息子の謀反、後継者問題etc.。→愚痴をこぼすこともできたが、そうしなかった。不幸を嘆く代わりに恵みに目を留めた。
3-5節で、@罪の赦し➁病の癒やしB贖い(=救い)C恵みと憐れみD良いもの…と列挙している。
→恵みに目を留め、1つずつ数えた。苦しみに注意を向けず、主を賛美することを選んだ。
【適用】私たちは感謝より不満が多いかもしれない。しかし、人を不幸にするのは状況ではない。どんな苦しみの中にも感謝できることは必ずある。恵みに目を留め、視点を変えよう!

U.恵みは罪に勝る
過去の失敗に捕らわれ、落胆している人は多い。罪悪感を持ったままでは、賛美するのは難しい。
【例】私は中1の時、事故で入院。父に入院費を払わせ、罪悪感が強くて、感謝できなかった。
【証】Amazing Graceの作詞者ジョン・ニュートンは黒人奴隷を運ぶ船の船長だった。ある日、大嵐に会い、悔い改め、九死に一生を得る。彼は後に職を辞し、牧師になり、奴隷解放に努めた。「この身の汚れ」という歌詞には、人を蹂躙した罪深い自分が赦されたという喜びが背景にある。

ダビデも姦淫と殺人の罪を犯したが、全て赦され、祝福を受けている(8-10)。さらに驚くのは、使徒13:22-23で神がダビデを「わたしの心にかなった者」と呼び、救い主の祖とされたことだ。
御子が”ダビデの子”と呼ばれるのを神は良しとされた。→赦しが完全であることが分かる。
【適用】私たちは過ちを後悔するが、主は私たちを豊かに赦し、犯した罪を忘れて下さる。
コーリー・テン・ブーム「主は罪を深い海に投げ入れて、『釣り禁止』の看板を立てて下さる。」赦された罪を釣り上げる必要はない。恵みは罪に勝る。恵みは常に罪よりも大きい!

V.恵みを心に留めよ
今年は改元、ラグビーW杯等があった。個人的には、どんな祝福があっただろうか?ダビデは「あなたの一生を良いもので満たされる。あなたの若さは鷲のように新しくなる」と書いた(5)。→信仰者は主にあって赦しと救い、祝福が約束されている。そう信じるが故に新しくなれるの意。ダビデにとって良いものとは何か?主の選び、数々の勝利、守り、平安、赦し、救い等だろう。感謝の思いを抑えきれず、103篇の中で7回も「(主を)ほめたたえよ」と繰り返している。
【適用】今年、主はどんな良いことをして下さったろう?ダビデは「主の良くして下さった事を何一つ忘れるな」と書いた(2)。時間を取って、黙想してはどうか?主をほめたたえよう!
posted by kbcc at 15:45 | TrackBack(0) | 礼拝
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186972059

この記事へのトラックバック