2020年01月21日

2020年01月19日礼拝メッセージ「死んで生きる」 音声で聴く。


ヨハネ12:24         「死んで生きる」        20.1.19
【序】私はクリスチャンになるまで死んだら終わりと考えていた。しかしクリスチャンになって死んでも生きる人生を与えられた。それを可能にしてくださった方はキリストである。今日の御言葉はそれを示すと共に私たちの人生に豊かな実りを与える秘訣も教えている。この1節に示された三重の意味を伝えたい。
T.キリストの死は私達に救いという実をもたらした
主はご自分の命より私達の命をより大事と考えての死である。これは凄い事! 【証】1999年埼玉県入間川河川敷で自衛隊の戦闘訓練機が墜落事故、優秀な二人の飛行士が死亡した。隊員たちだけでなく近隣住民もその死を惜しみ涙した…それは訓練飛行を終え基地に戻る際、エンジンが止まるトラブル発生。優秀な飛行士がどうやっても回復不能。眼下には四方八方住宅密集地。戦闘機には、旅客機と違い脱出装置がありボタンを押せば、椅子ごと空中にジャンプしパラシュートで助かる事ができる。しかし眼下には住宅が延々と密集している。自分たちが助かる道を選べば、操縦士のいない戦闘機は住宅地に墜落し住民に甚大な被害を招く。二人の操縦士はエンジン停止のまま低空飛行で高度の技術を駆使し住宅地を飛びきって入間川河川敷まで飛行、その地点では地上百メートルの機体ではもう脱出は不可能。二人は機体もろとも地上に撃墜して死んだ。自らの死をもって住民の被害から守ったのである!
キリストはあなたが死後の裁きから救う為に自ら身代わりの裁きを受けて永遠の命を与えて下さる愛!
U.豊かな実を結ぶ秘訣は自我に死ぬことである
アメリカ人は「嘘つき」と言われることが一番堪えるらしいが、日本人はどうだろう?メンツをつぶされるのが一番堪えるという人が多いのではないか。
【例】京大卒のエリート社員が職場で課長に面前で「君は京大卒というがこんなことも知らないのか、勉強
不足だ!」彼は人前で恥をかかせられてという事で翌日から出社拒否「許せない」一か月休んだという。もし彼が「課長、京大卒でもこの有様ですわ、また教えてください」と言えれば違った展開も生まれただろうに。
【適用】最初聖書は有名な言葉の発見で嬉しくなるが、その気になって読むと
ある意味落ち込む。辛くなる「兄弟に向かって馬鹿者というものは地獄で裁き
に会う」「嬉しい!」はない。「情欲を抱いて女を見る者はすでに姦淫したので
ある「良かった」はない。なぜ辛い?私が罪人だから。紙に手で直線を引けばま
っすぐに見えても定規に合わせると歪んでる様に、自分では「まあ行けてる」
と思っても聖書の基準に照らすとダメ。その時自我が砕かれる大切な時。言い
訳したり隠したりしない事!聖書を通して自分の真実な姿を知って、そこから
キリストによる救いを知り、豊かな実りある人生に導く祝福を得る。
【証】米国の大学での話…70才に近いある教授がまだ駆け出しのころ、一人の老牧師が招かれて講堂で多くの学生の前で話をし、学生の心が捉えられる感動的な話だった。妬みに駆られたその教授は「先生の話は感動的でしたが少し間違いもありましたね」とあら捜しの物笑いにしてしまった。その夜、自分の小ささ卑しい心に良心の咎めを感じ、心からお詫びの手紙を老牧師に送った。すると短い返事があった。“Dear Charles, Forgiven, Forgotten, Forever Your loving friend James”
V.実を結ぶのは生きている間だけではない―死後にも! 
【証】進化論者ダーウインは晩年キリストへの信仰を持った。その回心に宣教師の殉教があったが、彼の救いが起こったのは宣教師の死後だった。(次頁参照)

ダーウインの回心
ダーウインは1831年22才の時、ビーグル号で5年間航海に出た。南米で原住民
を初めて見、猿から人間への中間種と報告している。一方アラン・ガードナーと
いう宣教師が6人の同労者と同じ所で伝道を開始、幾多の困難から食料が尽き、
死んでしまう。次の宣教師も残酷な死を遂げた。ダーウインは1859年に『種の
起源』発表。しかしダーウインが南米の原住民を猿から人間の中間種とみなして
20年後再び同地に訪れてみた光景は、困難な伝道と殉教の後に神を礼拝し新しい
生活を始めている原住民の姿だった。ダーウイン自身が言う「世界のどんな大き
な奇跡よりも、伝道によって起こったこの地域の奇跡ははるかに偉大である」と
語っている。この結果彼は毎年伝道の働きのために献金さえしている。ダーウイ
ンが死の床についている時、知り合いの婦人作家が彼を尋ねたところ、彼は聖書
を手にして熱心に読んでいた。婦人作家は創世記を熱心に読むダーウインに驚い
て尋ねた「あなたは進化論者でしょう?」ダーウインは答えた「あれは若い者が
考えるような未熟な論理ですよ」。そして聖書に関する教えと救いを知っている
なら教えてくれるように頼み、長い間否定してきた聖書を通して彼はキリストを
救い主として受け入れたのである。
彼の救いには宣教師の南米における決死の伝道無くしては語りえないだろう。そ
の宣教師もあの進化論者のダーウインがクリスチャンになるなどとは夢にも思
わなかっただろう。しかし現実にそれが起こった。
私達も地上で願っている家族の救いや神の御業が起こっていないのを見、焦り不
安に思うかもしれないが、安んじておこう。神はあなたの祈りを確かに覚えて御
業をなさるのだから。
posted by kbcc at 12:30 | TrackBack(0) | 礼拝
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187062456

この記事へのトラックバック