2020年03月22日

2020年3月22日 礼拝メッセージ「恐れるな」なぜなら イザヤ41章10節

音声で聴く。

【序】戦後の一般本で累計ベストセラーは何?黒柳徹子「窓際のトットちゃん」は800万部で二位。1位は多胡輝「頭の体操」1200万部。多胡氏はこの本の土台は「どんな問題でも道は開ける」で、この考え方で最も深い影響を受けたのは聖書だという。聖書は単に考え方以上に、「恐れるな」と語る生きた全能の神の御言葉である。

今日はその中で「恐れるな」と言われる理由が何かをお伝えしたい。


T.わたしが共にいるからだ(10a)

人の世界でも優しく力強い人が共にいるなら心丈夫である。

【例】TV番組「大草原の小さな家」の実話…チャールズ父さんの家は5人家族。お父さんは逞しく、かつ優しく、丸太で家も作り、農業もでき、バイオリンも弾き、何でもできる父さん。ある日畑を馬で見に行った帰り、狼の群れ40頭に並走される。興奮する馬を落ち着かせ、何とか帰宅する。しかし狼は家まで追っかけてき、家の周りを唸り声をあげてぐるぐる回る。娘たちは恐怖に慄く。「布を垂らしているだけの玄関で狼が突入してきたらどうするの!」「大丈夫、狼は狭いドアだから侵入できても一頭ずつしか入ってこれない、それでも狼が入ってきたらこのライフルで仕留めて皆を守るから大丈夫」その晩は狼に囲まれてはいたが、強い父さんがいて守られた。

こういう状況は今の日本にはないだろう。しかし違う恐れがある。そんな時、「共にいる」と言って守ってくださる方がいるのと、そうでない人とでは恐れに対する向かい方が違うのではないか?!


U.わたしがあなたの神だから(10b

人は何を自分の最大の価値とするかによって自分の神が決まる。神以外のものを神にする時、人はその神に捨てられたとき最大の落ち込みをする・

【例】今年の秋、米国大統領選がある。その時米国で最もどん底に落ちる人が出る。大統領選で敗北した人。今から4年前ヒラリー・クリントンとトランプが一騎打ち。誰もがヒラリーが勝つと信じたがトランプが勝った。その後ヒラリーは表舞台に出てこない。余りに落ち込んで人と会えなかったのだ。最近の彼女の著What happened?で写真が出ている。目がぱっちりして皴もない。整形手術をしたのだ。敗北の後どん底に落ち込んだことが顔を老化させたのだ。なぜそんなにどん底に落ち込むのか?それは成功を神にしているからだ。成功を最大の価値と考える人はそ成功に捨てれたときどん底に落ち込む。人気を得ることが最大の価値と考える時、人々の好評を失ったらどん底に落ち込む。お金を最大の価値と考えるならお金を失ったらどん底に落ち込む。を最大の価値と考えるならその美を失ったらどん底に落ち込むのだ。人は何を神にするかで喜びと絶望が天と地の差がある。聖書はあなたの創造者こそ神であり、その神を神として歩むときどん底や絶望から守られるのだ。


V.わたしの義の右の手であなたを守るから(10c)

「わたしの義」=完全に正しい神の義。 「わたしの右の手」=実行する手

つまり神はあなたが罪と弱さと不正に陥ったとしても、完全な正義の右の手であなたを義とし、支え、守るというのだ。キリスト信仰こそあなたが完全な義とされる道!

posted by kbcc at 16:16 | TrackBack(0) | 礼拝
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187298773

この記事へのトラックバック