2020年05月31日

2020年5月31日礼拝メッセージ「母を思いやるキリスト」ヨハネ19章25節から27節 中西正夫牧師

音声で聴く。

ヨハネ19:25−27       「母を思いやるキリスト」       20.5.31

【序】日本の文明開化の立役者、勝海舟と福沢諭吉との会話が残っている。福沢が尋ねる「キリスト教は

孝道を重んじるか?」勝「キリスト教が孝道を重んじるかどうか知らないが、隣に宣教師家族が住んでいるが、親と子の姿を見ると、日本の家庭では到底及ばない情愛ぶりである。それを思えばキリスト教は孝道を重んじるのであろう」と答えたという。果たして現代はどうか、今日の箇所から親子のあるべき姿を学ぼう。 


T.キリストは親の悲しみを知ってくださる

私達は激しい痛みの中では他の事は考えらえない。まして他の人の事の心配などできないが、キリストは激痛の中で母の悲しみを思いやる。親にとって最大の悲しみは何か?自分より我が子が先に死んでしまう事。目の前で死にゆく我が子を見るのは胸が張り裂ける事だろう。○介護百人一首の歌―赤柴広子さん、37才の息子末期がんで…「お母さんごめんねと我に詫びし息子(こ)の告知直後の言葉忘れず」

 キリストは母の悲しみを思い「ヨハネ、私のできなかったことを頼むよ」(26,27)と、老後の母の行く末を気遣われた。

 【適用】皆さんの中で、我が子が親より先に亡くなるという悲しみを経験された方がおられたら、そんなあなたに心寄り添い又悲しみを癒してくださるキリストがおられることを知って頂きたい。


U.聖書は親孝行すべきことを教えている

親を顧みる事は「子」である全ての者が必要な態度であると聖書は教えている。

・「親の恩に報いる習慣を身につけさせよ。それが神に喜ばれる事である」(Tテモテ5:4

親にも欠点があるだろうが、私達もそうなのだ。人間関係はやまびこのようなもの。弱い者をバカにするなら自分が弱くなった時バカにされる。老人をバカにしているなら自分が老人になった時バカにされる。親をバカにしているなら自分が親になった時バカにされる。「親孝行したい時に親はなし墓に布団もかけられもせず」悔いのないようにしたいものだ。


V.子離れする大切さ

主イエスは母マリヤを愛しておられたが、「母」と呼ばれなかった→「女の方(26)。ここに母子の間に質的転換が起こっている。子は精神的に親離れが必要であるが、親も又子離れができる必要がある。母子ではあってもそれぞれが神に信頼して主体的に生きていける人間になることー両者の間に神を置ける絆―が大切なのだ。

【適用】「母」よ。子供は自分のお腹を痛めて産んだ子。父よりも絆は濃いかもしれない。それだけに「子離れ」でき難いだろう。しかし「我が子」ではあっても「我がもの」ではない。主のものである事を心に刻もう。そしてあなたがいなくなっても子が主に信頼して歩めるよう祈っていこう。


【結び】ヨハネの事を最後に語っておきたい。彼にしてみれば老人の世話を意に反して求められた事かもしれない。今もヨハネのように自分の親以外の人を顧みる立場になった人がいるだろうか。長男に嫁いだからとか、行き掛かりでこうなったとか…しかし「聖家族」という言葉をご存じか?ヨセフとマリヤとキリストという聖家族。ヨハネがマリヤの世話をするという事によって聖家族に加えられたという事。その特権に招かれた!

posted by kbcc at 10:38 | TrackBack(0) | 礼拝
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187547450

この記事へのトラックバック