2020年08月02日

2020年8月2日礼拝メッセージ「気にしなくてよい」ヨハネ福音書21章18節から22節 中西正夫牧師



ヨハネ21:18−22    「気にしなくてよい」    20.8.2
【序】先日かかりつけのクリニックで看護師に採血してもらったが、注射針を血管に入れたまでは良かったが、血を吸い取れず、血管の中で針をあちこち動かして探している。痛くてしょうがなかった…。これはもっと気にしてほしい事であるが、今日の箇所でキリストがペテロに、気にすべきでない二つの事を示された。私たちも心したい。

T.気にしなくてよい事ー「将来の憂い」
 年を取ると不自由と望まない事(苦・病)を経験する。ペテロのその後の人生は確かに苦難の人生であった。私達もそう言われたら誰もが躊躇する。しかしキリストはペテロの様な苦難の人生でも「神の栄光を表す」(19)事を約束された。将来の事を憂える場合がある。心配症の人は「大丈夫」と言われると余計に心配になるものだ。確かに大丈夫でない事も起こるかもしれないからだ。しかしたとえ大丈夫でない事が起こっても、その危機は決して自分をつぶさない、破壊しないとなればそんなに憂えることはない。そんな確かの事があるのか?ある→「神は万事を益に変える」(ローマ8:28)

U.気にしなくてよい事ー「他人との比較」
 ペテロは友人ヨハネのことが気になった。(21)
 しかし主は「それがあなたに何の関わりがあるか」(22)と言われた。私たちも他人の事が気になる時がある。特に自分の人生が上手く行かなくなる時「あの人には追い風が吹くのになぜ自分には逆風しか来ないのだ」そんな時聖書にこうある「私たちは自分自身を推薦している人たちの中の誰かと自分を同列に置いたり比較したりしようとは思いません…愚かなことです」(Uコリント10:12)
 「愚か」とは「馬鹿な」という意味ではなく、恵みを見失ってしまう事である。
 【証】開拓伝道のプレハブ時代、金剛教会を会場に関西地区で講師を招いたが、その講師は皇室伝道をしていて、ある夏軽井沢で集会をしたら、平成天皇がまだ皇太子の時、避暑で来られた、沿道の中車を止めて美智子妃が下りて来られ、その講師に「この前頂いた本ありがとう」との事、それを聞き、美智子妃に声を掛けられるなんて、難波の地下道でルンペンに声をかけられた自分とはえらい違い!と比較して落ち込んだ。しかし神の御言葉「私の目にあなたは高価で尊い、私はあなたを愛している」で奮い立った。 
 
【結び】将来のことを憂えやすく、又他人の事が気になる私たちに対して、最も良いことをキリストは教えられた。それは「わたしに従いなさい」(19,22)である。世には従う選択肢が3つしかない。人に従うか、自分に従うか、神即ちキリストに従うかである。別表現すれば『自分の命をも守るものは他人なのか、自分なのか、神なのか』である。この三つの選択の中で、最も確かで祝福を受けるのはキリストである。信仰は失敗しないで生きることではない。ペテロの様に失敗しても良いのだ。なぜなら失敗しても立たせて下さるキリストがおられるからだ。だからキリストに従って行こう。
posted by kbcc at 10:51 | TrackBack(0) | 礼拝
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187765216

この記事へのトラックバック