2021年07月25日

2021年7月25日 インターネット礼拝 箴言17:3 「金を炉で練るように」


前奏
新聖歌 38(1,3)一 同
祈り 司会者
主の祈り 一同
聖書 箴言17:3
メッセージ 中西牧師
「金を炉で練るように」
新聖歌 176(1,2) 一 同
祝祷 中西牧師
後奏
報告

【序】以前こんな質問を受けた「ある人は人生に大した問題もなくスイスイと幸せに行くのに、私の場合は試練の連続です。同じ人間なのに神様はどうしてそんな不公平なことをされるのですか」と。今日はそんな質問に答えたい。

T.あなたが試練を受けるのはあなたが高価だから
「銀にはるつぼ、金には炉」
るつぼも炉も高価な金属を製錬するための道具である。特に金に炉とあるが、実に高い温度で精錬される。そこまでして製錬する理由は唯一つ。その金属が高価であるからだ。「がらくた」なら製錬される必要はない。あなたに試練が多いとするなら、それは、あなたが神の目に高価であるからだ。神はあなたを「高価で尊い存在」(イザヤ43:4)と見ておられる。しかし、この個所を「私は価値がないけれども神は私を愛して下さっている」と読んでないか?そうではない!あなた自身が高い価値があると神はみなしておられるのだ。神の御子があなたの為なら命は惜しくないと言ってくださるほどの価値なのだ!感謝!

U.あなたが試練が受けるのは用いられる器になるためだ
製錬は金属がよりよく使われるために行うように、「試練」は人が神に用いられるためのものだ。しかし聖書的理解から外れて受け止めると、試練を「呪い」とか「祟り」「先祖の因縁」と苦しめられることになる。
【証】三浦綾子さんが肺結核で入院していた時、布教師がやってきて「肺結核は天刑病で、ハイと素直に返事しないからの罰で、顔に痣のある人は前世で親の顔を踏みつけたから」だと聞き、病気だけでも苦しむのに、自分も知らない前世の話をして神の罰だと断罪するとは酷い、と気分を害されたそうだ。
それに対して、キリストは全く違った。ヨハネ9:1−3で生まれながらの盲人
のことを弟子達が「彼が盲目で生まれたのは親の罪の所為ですか?本人の罪の
所為ですか?」と尋ねた時、キリストは「そうではない。神の業がその人に現
れるためであると言われた」すなわち神を信じて生きる素晴らしさがこの人に
現れるためだ」と言われた。試練は神に用いられる材料になるためだ!

V.試練の最終ゴールは幸せのため
神はなぜ金を錬るように私達を練り上げ、時には苦しみの炉で試みられるのか。申命記8:16を開けてみよう。こう語る→「あなたの先祖たちの知らなかったマナを荒野であなたに食べさせられた。それはあなたを苦しめあなたを試み、ついには、あなたを幸せにするためであった」と。これが神の試練を受ける最終ゴールなのである。だから人生の途中で判断してはいけない。
ヨセフやヨブを思い出そう。二人とも試練を受けた人であるが、その結果、ヨセフは大臣になり又優しい人格に変えられ、ヨブは以前の二倍の豊かさを得、又非難した友人の為のとりなしをする人に変えられた。
posted by kbcc at 08:00 | TrackBack(0) | 礼拝
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188867292

この記事へのトラックバック