2018年05月07日

2018年5月6日礼拝メッセージ「苛立ちで失うもの」ルカ10章38-42節 音声で聴く。


ルカ10:38−42       「苛立ちで失うもの」        18/5.6

【序】性格にも色々タイプがあるが、怒りにもタイプがある。雷のような爆発型もあればネチネチ型もある。又その時はそうでもなかったのに後で思い出して腹立つという遅刻型もある。或いは絶えず何かに怒っている24時間型もある。色々だが、共通しているのは根に「苛立ち」があるという事だ。この苛立ちは厄介なもので大切なことを失うのだ。今日はその苛立ちで大切なことを失った人から学びたい。


T.喜びを失ってしまう

マルタはキリストの訪問を「喜んで迎え」(38もてなしを始めたが、思うように行かず苛立ってしまった」(40)苛立ちは喜びを失うのだ

【適用】私達もこんな事はないか?自分のしたい事を思い通りにしている時は機嫌もいいが、思い通りに行かず、また協力者もいないと途端に不機嫌になる。その根本的理由は自分が良いことをしているという意識が強すぎるのだ。自分が、自分がという意識が強すぎて自然体で行っていない。だから思い通りに行かないと苛立ってしまうのだ。確かに世の中には苛立たせる人とか、苛立たせる事があるが、それで喜びを失ったらせっかく良いことをしていることが台無しになる。

U.相手も自分も見えなくする

マルタは40節で「妹が自分だけにもてなしをさせている」と語っているが、これは違う。マリヤもキリストの話し相手をするという事でもてなしているのだ。それが苛立つマルタには見えなくなっている。もてなしているのは自分だけだ、と。そう思うと腹が立つのだ。苛立ちは真に心の目を見えなくさせてしまうのだ。


V.どうしても必要な事を見失う

キリストは苛立つマルタに「あなたはいろいろなことを心配して気を遣っています。しかし、どうしても必要なことは僅かです、いや一つだけです」(4142と言われた。この「どうしても必要な一つのこと」とは何か?→それは「神を見上げること」。れは人生を生きる事でも、人間関係でも、仕事でも、奉仕でも、病でも問題でも必要な大切なことなのだ。神を見上げる事を忘れると問題に押しつぶされるからだ。

霊 

【証】東京に住む婦人の証…若い時にクリスチャンになったが38歳で末期がん。夫や姑から「何であんたみたいに熱心な人が癌になるのか」と心無い言葉を言われ彼女も悩んだ「なぜ私が?」と。悶々とする中、夢を見た。十字架にかかって婦人の罪のために死んで下さったイエス様の夢。その夢の中で自分がスッと十字架にかかっていく姿、そして声があった「お前の問題は全部私の手の中にある。私のする事に間違いはないから一切を私に任せなさい」朝目が覚めると不思議な平安が来て迷いや憤りは取れた。あと何カ月生きれるか分からないが、彼女は日記をつけた。誰にも見せなかった。病気で苦しいなんて書かなかった。夫や姑や家を飛び出した弟や子供たちの為の祈りのノートだった。徐々に体力もなくなっていき字もかすれだしたが書き続けた。しかし救いは起こらず死を迎えた。告別式の準備で牧師はそのノートを発見し、告別式で読んだ。すると家を飛び出した弟がワ―っと泣き出した、何かとケチをつけていた姑も夫も泣き出した。告別式が終わる頃弟が「姉はこんな苦しみの中にも私のために祈ってくれた。なんと私は神に背を向けた罪人であったか。赦して下さい。今日からクリスチャンになります」と。姑も「私も信じるわ」夫も「教会に行く」その婦人の召天を通して皆信仰を持ったのだ。神を見上げる事を忘れないようにしたい。

posted by kbcc at 20:45| 礼拝

2018年04月29日

2018年4月29日礼拝メッセージ「不安な時の処方箋」ピリピ4章6.7節 音声で聴く。

ピリピ4−7  不安な時の処方箋」 

【序】サザエさん症候群をご存知か?→番組は変更できても心は変えられない。→聖書に聴こう!

T何も思い煩うな(心配しなくてもよい)

なぜ人は「心配」するのか?それは、以下の2つの考えに縛られ、恐れているからだ。@自分で解決しなければならない。Aこのままでは最悪の事態になる。→問題しか見えなくなり、大切な事を見失っている。しかし、パウロは4,5節で勧める。「主にあって喜びなさい。」「主は近いのです。」上記の@Aは勘違いである。なぜなら、主があなたの傍におられ、あなたを心配しているからだ。【適用】そのような方がいると知るだけでも、安心できる。「主にあって」思い煩うのはやめなさい。

U神に知って頂きなさい

2つ目にパウロが勧めるのは「神に知って頂きなさい」である6。ここで2つの質問を取り上げる。@「神が全知なら、なぜ祈る必要があるのか?」答え:祈り=願い事ではない。祈り=神との会話、交わりだ。【例】神と人の関係は親子と似ている。親は子の心を知っていても、会話を望むものだ。神はあなたの声を聞きたい。あなたと会話し、良い関係を築きたいと願っている。驚くべきことだ。A「『感謝をもって(祈りなさい)』とあるが現状には感謝できない。何を感謝すれば良いのか?」答え:祈りができること自体、感謝なことだ。もし、神を知らなければ、自分に頼るしかないからだ。また、クリスチャンであれば、救いを感謝できる。さらに、今与えられているものを数えてみなさい。

「あらゆる場合に」とは文字通り、仕事、人間関係、経済、健康等、あらゆる分野においてである。「何も思い煩わないで」とあるから、「こんな事を祈っても良いのか」等という煩いは不要である。

V神の平安

「何も思い煩うな」「神に知って頂きなさい」の2つは、神の命令であり6、7節は神の約束だ。この世の平安とは、物事が順調な時にもたらされる。失われやすく、長続きしない。神の平安は「人の全ての考えにまさる」。問題の渦中にあっても、持つことができ、世の平安とは対照的だ。

【証】五十嵐健二氏は白洋舎の創業者だ。多大な労力を実験に費やすも、体調を崩し、大赤字となった。そんな時、妻にマタイ6:33-34を示され、自分の過ちに気付く。妻と2人で感謝の祈りをささげると、心は平安に満たされた。2人が出資者を回った時、叱られると覚悟したが、人々は皆、とても好意的だった。最終的に問題も解決した。現在の発展の土台には、このような体験がある。

【適用】あなたに今どんな問題があろうとも、1人で背負わず、主に話してほしい。主はあなたに注目している。感謝をもって祈りをささげ、人間の理解を越えた神の平安を体験してほしい。

posted by kbcc at 13:11| 礼拝

2018年04月22日

2018年4月22日礼拝メッセージ「あなたは新生しましたか?」伝道者の書3章11節 音声で聴く。


伝道者の書3:11 「あなたは新生しましたか」   

【序】大阪大学の人間科学部がチンパンジーの研究をした。それはチンパンジーは自殺をするか」「神に祈りをするか)」という研究。長年に亘る綿密な研究調査をしたが、チンパンジーはどちらもしない、という結論だった。しかし阪大の長年の研究には申し訳ないが、聖書を知っている者は、チンパンジーが自殺や祈りをしないのは直ぐにわかる。今日のメッセージでチンパンジーと人間の違いについて、又、人間の根本的必要は何かを伝えたい。


3D4B7920-C0ED-483D-ACDD-B7A75957FC8B.jpeg



                 
「霊」―三つの働き @神を考えA生きる意味を考え B死のことを考える部分

チンパンジーが人生の求道や自殺をしないのはがないからである

※人間がたとえ物質的に何不自由なく暮らしていても人生の虚しさや不安が襲うのは

霊の部分が満たされてないからだ→しかしこの霊の部分が人皆不確かなのはなぜか?   

         

U.聖書は「霊」が死んでいるからだと説明している

エペソ2:1「あなたがたは自分の罪過と罪との中に死んでいたものであって」

ここで言う「死」とは「分離」の意味。つまり創造者である神から分離しているとの意味

で、そのために人間は@神が分からず、偶像や占いを求めるのだ。A又生きる意味も分

からず、努力したことが無駄に思えると途端に「何のために頑張って来たか」と嘆く。B

と死後のことも不安のまま分からないのだ。聖書に聞かなければわからないのは、人

間が霊的に死んでいるからである。


V.人間の最大の必要は「霊」が新生すること

ヨハネ3:5「人は水と御霊によって生まれなければ神の国に入ることができません」

【青年の新生した証】その青年がまだ母の胎にいた時、母は別の男性と一緒になり、そこで彼は生まれ、やがて弟と妹が生まれた。父親が違う彼は父親から虐待を受けた。中学卒業と同時に逃げる様に家を飛び出し北陸から大阪に就職。人間不信の彼は絶えず職場で問題を起こし暴力事件で少年院にも入れられた。二十歳のころにはウイスキーと睡眠薬を飲まなければ眠れなかった。ある日職場の社長に勧められ教会の礼拝に出た。終わっても帰らない。牧師は話を聞き、三つの話をした。@世界には人を造り真の愛の神がおられる事Aその神はひとり子キリストを世にに遣わし、十字架と復活によって罪の赦しと永遠の命による救いをもたらされた事Bキリストを救い主と信じるなら新しい命の人生が始まる事。彼は受け入れた。翌朝電話が牧師にかかってきた「先生昨日ウイスキーを飲まずにぐっすり眠れました。嬉しくて!」今彼は二児のパパになりあれほど憎んでいた母を北陸から呼び寄せ幸せな5人生活を送っている。

posted by kbcc at 13:12| 礼拝