2020年06月21日

2020年6月21日 礼拝メッセージ「古くて新しい生活様式」Tテサロニケ5章16節から18節

音声で聴く。



【序】最近「新しい生活様式」と聞く。感染防止には有効だが、心の不安は解決できない。ところで神は、2000年前から3つの事を命じている。この3つは私たちの健康にとても良い。

T.コロナウイルスが引き起こした問題

日本赤十字社によると、コロナには3種類の感染症があるという。1つ目はウイルスそのもの。2つ目は不安と恐れ、3つ目は偏見と差別。【例】ドラッグストアの女性店員、“恐怖”を語る。人はなぜ人を差別するのか?→ウイルス(見えない敵)へのストレスを、人間(見える相手)にすり替えることで、心の安定を図ろうとするからだそうだ。これは不健全かつ、分断を生み出す。心の健康を保つには、ニュースの時間を減らし、他のことに関心を向ける、信頼できる人と会話する、視点を変える等が有効とのこと。これらは全て、聖書の教えと相通じている。

U.古くて新しい生活様式

いつも喜んでいなさい

「とにかく喜」の意ではない。著者パウロは、ピリピ4:4「主にあって(喜びなさい)」と命じている。状況は変化し、それだけを見ていたら、喜ぶことはできない。しかし、私たちは変わらない主と、その約束に目を留める時、どんな状況に置かれても喜ぶことができる。例えば、神の愛(イザヤ43:4)、主の臨在(マタイ28:20)、救いの保証(ルカ10:20)がそうである。

絶えず祈りなさい

専門家は「人との会話は緊張を和らげ、安心感をもたらす」という。話し相手は信頼できる人が良い。話し相手として、神以上に信頼できる相手が他にいるだろうか。「絶えず祈りなさい」は「いつも神と会話しなさい」の意。神の前に静まることは大切だが、仕事や散歩をしながらでも、神と会話することはできる。特定の時間だけでなく、いつでも祈りを通して神と会話できるのだ。【例】私の息子は野菜等を嫌がるが、息子が泣いても食べさせるのは、成長を願うからであり、嫌がらせではない。→神も、時に願わないものを下さるが、それはあなたを愛している故である。

すべてのことにおいて感謝しなさい

「すべてのことについて」ではない。苦しみを喜ぶことは難しい。本来の意味は「どんな状況においても」である。状況が悪くても、良いものは必ずある。視点を変えれば、感謝も可能になる。【例】ポリアンナ物語の主人公ポリアンナは、父から“良かった探し”というゲームを教わる。彼女は、好ましくない状況の中で、良いものを見つけるという習慣を身につけ、活路を見出した。

posted by kbcc at 13:42 | TrackBack(0) | 礼拝

2020年06月14日

2020年6月14日礼拝メッセージ「他人の目が気になる方へ」ヨハネ19章38節から42節


動画が表示できない場合はこちらをご覧ください。

【序】以前ある相談を受けた「人の目が気になって仕方がない。何か思われているのではないか、挨拶したのに無視された。不安になってしまう…どうすれば気にならなくなるのか聖書に答えがあるか」という内容。私は「人の事を全く気にしないというのは逆に良くない。しかし回りの事が気になり過ぎるのもノイローゼになる。ではどうしたらよいのか、という事ですが、それは気にすべき人を厳選したらよい」厳選するのは、あなたの事を親身になって考えてくれる人、誠実に友となってくれる人、そいう人は気にすべき人です」と答えた。

今日出てくる人物は有力な国会議員でアリマタヤのヨセフという人物。キリストに惹かれ信仰を持っていたが当初は人の目を気にして信仰を隠していたが、やがて信仰を表明してキリストに従っていくという人物。


T.なぜ信仰を表明できなかったか?

アリマタヤのヨセフは「有力な(国会)議員」だったが、何かの理由でキリストに惹かれ信仰を持ったが、当初それを表明できずにいた。その理由は「ユダヤ人を恐れて」(38)いたからであった。ユダヤ人とは選挙の時に票を得る民衆であった。確かに民衆の評判は気になるところである。しかし民衆ほど変わり易いものはない:キリストのエルサレム入場には歓喜して迎えた民衆だが、その5日後「キリストを十字架に付けろ」と叫び出す。打算で心が変わる捉えどころのない人たちである。

ヨセフも当初は本来気にすべき人達ではない筈の民衆を気にし信仰表明できずにいたのだ。この「恐れ」はキリスト教徒が少ない日本ではよくある話だ。その彼がキリストの遺体を引き取るという願いをピラトに申し出るという思い切った行動に出た。信仰の表明だ。何がそうさせたか次に見てみよう。


U.勇気をもって信仰表明に至った理由

マルコ15:43にその答えがある。「自らも神の国を待ち望んでいた」

メッセージの冒頭で「気にすべき人を厳選する事―親身になって心配してくれる友」と語ったが、それで言えばヨセフは自分が死んだ時、死後に神の国に導いてくれるのは誰なのか?更に私の罪の裁きを身代わりに受け、罪の赦しと永遠の命を与えてくださるのは誰なのか?キリストではないか!このキリストこそ私を真実に愛して下さる救い主。この方だけは気にすべき方なのだ、そう目覚めた時、信仰表明に至ったのである。

【例証】2013年3月北海道オホーツク海に面する小さな町に住む岡田さんが9歳の娘を児童センターに車で迎えに行き帰宅中、一挙に豪雪。車は身動きできなくなり、このままでは凍死すると判断した父親は娘を連れて近くの倉庫まで来たが鍵がかかって入れない。岡田さんは着ていたジャンパーを脱ぎ、娘に着せ、身体を覆いかぶせて抱きしめた。それから約10時間もの間、父は娘を抱き続けた。翌日午前7時、警察官が二人を発見した。岡田さんは死んでいたが娘は凍傷だけで済んだ。娘は悲しみの中で「悲しいけれど、私のために犠牲になってくれたお父さんを誇りに思いお父さんの愛を感じて生きていきたい」と語った。

【結び】初めから強い者はいない。周りも気になる。しかしどんな人も自分に対するキリストの大きな愛が分かる時、周りを気にする事なく、このお方こそ心に留める勇気と天国入国希望に生きたいという行動が生まれるのではないか!

posted by kbcc at 11:15 | TrackBack(0) | 礼拝

2020年06月07日

2020年6月7日 礼拝メッセージ「十字架の『完了した』の意味」 ヨハネ19の30



【序】キリストは十字架の上で7つの言葉を語られたが、ヨハネはそのうち二つを記録している。一つは先週学んだ母マリヤに言われた言葉。もう一つが今日出てくる「完了した」である。いったい何を完了したという事なのか?三つの意味があるようにも思われる。


T.旧約預言が実現完了した

 旧約聖書には人類の救い主がどんな方で、どんな生涯を送られるかについて約350程記されている。その悉くが実現完了しました、との意味。

  1. 預言が当たる確率は1つの場合1/2。二つ目も当てる場合は1/2×1/2=1/4

故に350皆当たる確率とは1/350(/2271億分の1を超える確率)

  1. 疑い深い人は「350もの預言がみな当たるなどはあり得ないので、きっと事が起こってから原文に書き足したのではないか」と疑う。しかしそれはあり得ない。何故なら原文の写し(写本と言う)が、キリスト誕生以前に書かれてあるがその中に既にキリストに関する預言が書かれてあるからだ。

  2. この事から言えることは、聖書が偽りのない神のことばであり、その御言葉の語るキリストこそ神の御子であるという事だ→2031


U.人類の救いの道が完了した

「救い」とは何か?ある人は人間の不幸とは貧乏であり、病気であると考え、貧しさや病から助かることが救いと考える。しかし争いの絶えない金持ちも多くいる。又ヘレンケラーのように三重苦の中にありながらIamhappy!と言える人がいる。聖書は最大の不幸の原因は「罪」であると語る。罪とは自己中心であり、自分は正しい、相手()が間違っているという生き方である。

:家庭の中に「罪」(あいつが間違っている、私は正しい)が入ると争いになる。職場で「罪」が入ると対立が生まれる。国際関係で「罪」が入ると戦争が生まれる。(今日米中の対立など)

この「罪」は未解決のままだと死後の裁きに服し永遠の滅びの世界に裁き落ちてしまう。その悲惨さを憐れみ、キリストは私達の身代わりに罪の裁きを十字架で受け罪の赦しの道を開いてくださったのである。この救いが完了した!


V.私たちの将来の問題が解決完了された

聖書の表現で未来の事柄を過去形で書く場合がある。預言などはその典型。未来に起る事なのだが、確実にそうなることを強調するための表現。この「完了した」も私達の未来に起る事が確実に最善になるよう神がなさる事を意味している。又私達が気になる未完の事も神は成し遂げて下さる→詩篇138:8に「主は私のために全てを成し遂げて下さる」とある通り。

【証】献身の決意を両親に告白した時、猛反対で勘当ものだった。「いつの日か両親を救って下さい」神は「その事は委ねよ」と示し私は神学校に入学した。10年後その祈りが聞かれ両親は見事に救われた。

posted by kbcc at 11:55 | TrackBack(0) | 礼拝