2018年05月23日

2018年5月20日礼拝メッセージ「赦されないただ一つの罪」ルカ12章10節 音声で聴く。


ルカ12:10      「赦されないただ一つの罪」         18/5.20【序】神様は何でも赦して下さる筈なのに、赦されない罪があるとキリストは言われた。その罪とは大量殺人だろうか?残虐なテロだろうか?…気になる事である。そこで今日のメッセージで、先ず赦されない罪とは何か?第二にそれはなぜ赦されないのか。第三にこの事を通して示される神の御心は何かをお語りしたい。


T.赦されない唯一の罪とは何か

それは「聖霊を汚す」(10) ことが赦されない罪でという事だ。その理解のためには、聖霊の働きを知る必要がある。Tコリント12:3「聖霊によらなければ誰もイエスを主と言う事は出来ない」つまりこの聖霊は「イエス様は私の罪からの救い主です」という告白に導くお方であり、聖霊を汚すとは「キリストを受け入れない事」だ。

【適用】キリスト教というのは善人だったら救われ、悪人だったら救われない、というのではない。【例】殺人を犯した悪人Aと善人BAは刑務所に入れられ、そこで牧師から聖書の話を聞き、心から罪を認め悔い改めキリストを受け入れた。善人Bは教会で聖書の話を聞いたが、罪を認めずキリストを受け入れる必要はないとした。つまりAは聖霊に従ってキリストを受け入れたが、Bは聖霊に従わずキりストを受け入れなかった。それゆえAは死後、罪の赦しを得て天国に行けるが、Bは残念ながら死後罪の赦しを得ないで天国には行けない。善人がどうして?と思うかもしれないが、真の善人ならば、自分が良心に恥じる罪もある事を謙虚に認め、従ってキリストに救いを求める筈。だから全ての人は罪を正直に認めてキリストを信じる聖霊の働きに従うかどうかが問われている。


U.なぜ聖霊に逆らう罪は赦されないのか

それは神が折角我々人間のために御子の命を犠牲にしてまで開いて下さった唯一の救いの道を拒む事になるからである。つまりキリストは神の位を捨てて人となり十字架で人類の罪を負い身代わりに裁きを受けて下さった。それ程の神の愛を無視し、十字架の救いを不要とし福音を信じない事であるので、これは最大の罪なのである。

【適用】聖書は人間の罪を四つ定義する。→「不法」(法を破る)「不善」(道徳的罪)「不義」(十戒を破る罪神の前の罪)「不信」―この中で最大の罪は「不信」である。

【例】家庭裁判所に勤める知人の話…幸福な家庭とはお父さんをお父さん、お母さんをお母さんと呼べる家庭。そう呼べない家庭を多く見てきた。親と子に信頼が無くなる不信の関係は最大の不幸。

V.この事を通してわかる神の御心は何か

神はそれ以外の罪を赦してくださるし、また私達もお互い赦しなさい、という事。コロサイ3:12「主があなたがたを赦したようにあなたがたもそうしなさい」と赦しをお互い生かし合いなさいと勧められている。しかし人間関係で最も難しいのは赦しだ。簡単にはいかない。それだけに赦しの葛藤とその勝利の祝福の証は心を打つ。

【ピーター南の証】次頁参照

ピーター南の証

韓国から米国に渡り、お金さえあれば何でも手に入ると考え必死でビジネスを展開し非常に成功したが、心は虚しくお酒を飲み過ぎて中毒になり肝硬変で体が衰弱。医者から「このままなら3か月で死ぬ」と言われ、死の不安に直面。必死で救いを求めた時、一度も読んだことのない聖書に出会いキリストによる救いを得た。

その後、カリフォルニア州に自分のようなビジネスマンの救いと成長のためのリゾートキャンプ場を建設したいと計画。幸い65万ドルの土地物件が紹介されたが手元には15万ドルしかなかったが、残額は数年後でよいと言われて契約。しかし後になって話が違い3か月後に残額50万ドルの支払いを請求されてしまった。祈っていたらマルコ11:2324を示され、不要な山を売ればいいのだと三か月間毎日朝から晩まで祈り続け、祈った後は、山に向かって「山よ、移れ」と命じてきたが、山は一向に動かない。それである日、神にこう呟いた「今まで信じてきたのに御言葉がその通りになりません。もうこれで万策尽きました。今まで信じてきた御言葉が信じられなければ何を信じるんですか。神様、さようなら。」すると神の声ならざる声が聞こえてきた「あなたはどうして御言葉を勝手に半分だけ聞くのか、まだ後があるだろう」と25節の御言葉を示された。そこにはこう書かれていた「又立って祈っている時に誰かに対して恨みごとがあったら赦してやりなさい。そうすれば天におられる父もあなたがたの罪を赦して下さいます」。その時、思い当たることがあった。それはこのキャンプ場建設に加わった人が最初百名ほどいたが、だんだん難しい問題が生じた時離れ、そのうち二人が他の人を動かして協力させないようにしていたのであり、又返済額の支払い時期を早めるようにしたのもその二人であった。その二人を憎んでいた事を示されたのである。向こうが悪いのだから、という気持ちであったが、神は「先ずあなたが赦しなさい」と言われ十字架のキリストの祈りを示され遂に赦しができたのだった。その祈りの6日後、答えが来た。有る人が「高速道路のために土がいるのであの山を売ってくれませんか」と返済額をはるかに越える額を提示され借金は見事に完済した!

赦しには大きな祝福が伴うのだ!

posted by kbcc at 17:11| 礼拝

2018年05月15日

2018年5月13日礼拝メッセージ「恐れなくてよい」ルカ12章4-7節 音声で聴く。


ルカ12:4−7        「恐れなくてよい」         18.5.13

【序】猫はネズミを恐れない。恐れるのはネズミと相場が決まっている。しかし猫がネズミを見る度に電気ショックをかけると、ネズミを見た途端に怯える猫が出来上がる。実力から言えば断然猫の方が強いが、恐れが実力を発揮させないのである。私達も様々な恐れに囲まれる時があり、恐れのために問題に取り組む力を失わせる。恐れから解放されたいものだ。しかしキリストはそんな私たちに励ましを下さる。「恐れる事はない」と題してメッセージしたい。

キリストが「恐れなくてよい」と言われる理由を三つ今日の聖書からあげたい:

T.あなたが恐れているものがあなたの運命を決定づけるのではないから

私達は仕事上の行きづまりや、病気や、経済的危機や、家庭の問題を恐れ、それが自分の運命を決定づけると思いがちであるが、そうではない。

「体を殺しても後はそれ以上何もできない人間たちを恐れるな…殺した後でゲヘナに投げ込む権威のある方を恐れなさい」(45

・私達の運命を決定づけるのは、私達が恐れている問題や人ではなく、私達の創造者である神なのだ!故に神を畏れ敬う事こそ、様々な恐れから解放をもたらすのだ。

【証】神学校の講師マックスウエル博士の証少年期、悪さをしようとしても母から「神様が見ている」と言われてきたために神が怖く疎ましくさえあった。しかし長じて神が知っておられる、という真理は慰めになった、何故なら人に誤解され、どう説明してもうまく行かない時、神が知っていて下さるのだ、は慰めだった、


U.小さな事でさえ主の顧みがあるから

「五羽の雀は二アサリオンで売っているでしょう。そんな雀の一羽でも神の御前には忘れられてはいません」(6)(雀一羽―百円)つまりキリストは、そんな小さく価値のない雀さえ神の御前に忘れられない→ましてや私たちの小さな小さな事柄にも心に留めてくださる。

【証】10年ほど前、妻に頼まれ銀行に5万円入金する必要があった。なぜか新券5枚を通帳に挟んで17階のマンションから階段で下り車で教会に寄ったら来客があり、1時間程して銀行に行き入金しようとしたら通帳のお金がない!頭は真っ白。教会に戻り必死に探したが無い!マンションまで戻り階段を逆に上がって行ったが無い!ダメだ!と諦めかけたとき、我が家と隣の家の通路にピタッとお金がへばりついていた!新券だからこその事!

正に私のミスもカバーし新券という事も御手の中にあり、守ってくださった!


V.あなたはキリストの「友」であるから

「わたしの友であるあなたがたに言います」(4)

キリストが「友」と言われる時いかなる意味か?キリストにとって「友」とは、「友のためにいのちを捨てる」(ヨハネ15:13存在なのだ。あなたのためにはわたしの命は惜しくはありません、と事実、キリストはあなたのために十字架で命を文字通り捨ててくださった。それ程の愛の対象だ。だからそれほどの愛であなたを今も見守っていてい下さるのだ。時に自分の思うような守られ方ではないかもしれないが、あなたの全人生を知った上での最善の守りなのだ。神を信頼して恐れから解放されよう!

posted by kbcc at 21:14| 礼拝

2018年05月07日

2018年5月6日礼拝メッセージ「苛立ちで失うもの」ルカ10章38-42節 音声で聴く。


ルカ10:38−42       「苛立ちで失うもの」        18/5.6

【序】性格にも色々タイプがあるが、怒りにもタイプがある。雷のような爆発型もあればネチネチ型もある。又その時はそうでもなかったのに後で思い出して腹立つという遅刻型もある。或いは絶えず何かに怒っている24時間型もある。色々だが、共通しているのは根に「苛立ち」があるという事だ。この苛立ちは厄介なもので大切なことを失うのだ。今日はその苛立ちで大切なことを失った人から学びたい。


T.喜びを失ってしまう

マルタはキリストの訪問を「喜んで迎え」(38もてなしを始めたが、思うように行かず苛立ってしまった」(40)苛立ちは喜びを失うのだ

【適用】私達もこんな事はないか?自分のしたい事を思い通りにしている時は機嫌もいいが、思い通りに行かず、また協力者もいないと途端に不機嫌になる。その根本的理由は自分が良いことをしているという意識が強すぎるのだ。自分が、自分がという意識が強すぎて自然体で行っていない。だから思い通りに行かないと苛立ってしまうのだ。確かに世の中には苛立たせる人とか、苛立たせる事があるが、それで喜びを失ったらせっかく良いことをしていることが台無しになる。

U.相手も自分も見えなくする

マルタは40節で「妹が自分だけにもてなしをさせている」と語っているが、これは違う。マリヤもキリストの話し相手をするという事でもてなしているのだ。それが苛立つマルタには見えなくなっている。もてなしているのは自分だけだ、と。そう思うと腹が立つのだ。苛立ちは真に心の目を見えなくさせてしまうのだ。


V.どうしても必要な事を見失う

キリストは苛立つマルタに「あなたはいろいろなことを心配して気を遣っています。しかし、どうしても必要なことは僅かです、いや一つだけです」(4142と言われた。この「どうしても必要な一つのこと」とは何か?→それは「神を見上げること」。れは人生を生きる事でも、人間関係でも、仕事でも、奉仕でも、病でも問題でも必要な大切なことなのだ。神を見上げる事を忘れると問題に押しつぶされるからだ。

霊 

【証】東京に住む婦人の証…若い時にクリスチャンになったが38歳で末期がん。夫や姑から「何であんたみたいに熱心な人が癌になるのか」と心無い言葉を言われ彼女も悩んだ「なぜ私が?」と。悶々とする中、夢を見た。十字架にかかって婦人の罪のために死んで下さったイエス様の夢。その夢の中で自分がスッと十字架にかかっていく姿、そして声があった「お前の問題は全部私の手の中にある。私のする事に間違いはないから一切を私に任せなさい」朝目が覚めると不思議な平安が来て迷いや憤りは取れた。あと何カ月生きれるか分からないが、彼女は日記をつけた。誰にも見せなかった。病気で苦しいなんて書かなかった。夫や姑や家を飛び出した弟や子供たちの為の祈りのノートだった。徐々に体力もなくなっていき字もかすれだしたが書き続けた。しかし救いは起こらず死を迎えた。告別式の準備で牧師はそのノートを発見し、告別式で読んだ。すると家を飛び出した弟がワ―っと泣き出した、何かとケチをつけていた姑も夫も泣き出した。告別式が終わる頃弟が「姉はこんな苦しみの中にも私のために祈ってくれた。なんと私は神に背を向けた罪人であったか。赦して下さい。今日からクリスチャンになります」と。姑も「私も信じるわ」夫も「教会に行く」その婦人の召天を通して皆信仰を持ったのだ。神を見上げる事を忘れないようにしたい。

posted by kbcc at 20:45| 礼拝