2019年08月05日

2019年8月4日礼拝メッセージ「質的人生の転換」ヨハネ2:1−11 中西正夫牧師音声で聴く。

ヨハネ2:1−11 「質的人生の転換」   

序】かつて教会で開いていた英会話教室で、ある生徒さんが「今度パーティを開きたいがワイン持ってきていいですか?キリストが水をワインに変えられた奇跡もあるので…」「アハハハ。よく知ってますね。でも教会ではお酒のパーティはしないんですよ。お家で皆さんと楽しんで下さい」といって丁重にお断りした事があった。この奇跡は教会推奨のお酒があるという話ではない。この奇跡は大切な二つの質的転換を私達に示すメッセージが含まれている。お伝えしたい。


T.清めの道に関する質的転換

我が国日本ではどうしたら金儲けができ、成功し、幸せになるかが関心だが、ユダヤではそうではなかった。如何にして神の前に清いものであるか、だった。

なぜなら大金持ちになった翌日死んでしまえば金儲けは無意味。ましてや死後の裁きで神に義とされず滅びを宣告されるならなお無意味!だからユダヤ人は

普段から穢れから清められることに非常に気を使っていた。結婚式も汚れない為の「水」が置かれ参加者に水を注いで結婚式に臨むしきたりがあった(6)。

しかし水は外側を清めても内側を清めない。心の内の醜い思いや恥ずかしい汚  

れをどうして清めうるか。心の内を全て知られる神の前には不完全→真に清めるのは「水」ではなく、私たちの罪のために身代わりに神の裁きを受けて下さった十字架の血。→それを象徴するのが初代教会で聖餐式の時に使われるぶどう酒であった。キリストは葡萄酒をとって言われた「この杯から飲みなさい。これは…罪を赦すために流されるものです」(マタイ26:28)。つまり清めの道は水ではなくキリストの血であった→今日聖餐式で飲む葡萄汁がその恵みを記憶させてくれる。水を葡萄酒に変えられた奇跡は、真の清めが水ではなくキリストの血による事を示しているのである→十字架上のキリストの血は私の罪の為であったと信じる者に罪の赦しが与えられる(へブル8:12)!


U.親子関係の質的転換

葡萄酒が無くなった時、母マリヤがイエスに求めた時の主の言葉に驚かされる「女の方。あなたはわたしと何の関係がありますか」(4)なんと冷たい態度?

誤解しないでほしいが、主は決して冷たいお方ではない。十字架の苦しみの中でも母マリヤの老後を思いヨハネにその事を託しているほど心配される愛の御方である。では何か?これは「神を親子の間に置く縦の関係」で会話されたという事だ。今まで母マリヤは我が子イエスの逞しい成長に喜びを感じてきた。誇りにさえ思ってきただろう。そしてこの葡萄酒欠乏の時こそ母の出番と思い我が子に求めた。あくまで母としての要求。それに対して「お母さん」ではなく「女の方」(4)その言葉を聞いてマリヤもハッと気づき「あの方が言われることは何でもして下さい」(5)と気づいてゆだねていく。

【適用】私達も人生のどこかで親子のあり方の質的転換が起こるべきである。「我が子、我が子」と思っていると依存と支配関係しか起こらなくなる。我が子が我が者になり易い関係から神様に委ねていくことである。親子間に縦の関係を置く重要性。【証】盲目になった子の母への思い…「白いステッキ」(次ページ参照)

白いステッキ

母さん、ボク白いステッキをもって歩くことにするよ。

母さんは「そんなかっこわるいことしなくていい、母さんがあんたの足になってあげる、目になってあげる」って言うけど、それじゃあ、一生、ボクは母さんの世話にならないと生きていけないことになるよ。

目の見えないボクが白いステッキを持って歩くのは当たり前なんだよ。恥ずかしいことじゃないんだ。

母さんが恥ずかしいと思ってるだけなんじゃないの?

ボクが白いステッキを持って歩くのは、ちゃんとひとりで生きていこうとする気持ちの表れなんだ。そう思ってほしい。

最初はこけたり躓いたりするかもしれないけれど、イエス様が

ついてくれているから大丈夫だよ!

僕は白いステッキを持って神様とちゃんと歩いていきたいんだ

だから心配しないで。

posted by kbcc at 11:16 | TrackBack(0) | 礼拝

2019年07月29日

2019年7月28日礼拝メッセージ 「セルフイメージを高める。」イザヤ43章4節音声で聴く。

【序】「セルフイメージ」について語りたい。つまり「自分の心の鏡に自分がどう映っているか」という事。こ
れがどう映るかによって生きる喜びも決まる。一回限りの人生、セルフイメージを高く持って生きたいものだ。

T.幸福な人とはどんな人か
地位、富、ルックスなどの中に幸福があると感じるが事実は違うのだ。
【例証】「寅さん」の山田洋次監督談「一般的に言って幸福とはお金があって仕事がバリバリでき、自分の
したい事をやっているというイメージがある。米国のパーティに行くと、そんな典型的な人にお目にかかる。
自信に溢れているというのが伝わってくるのだが、安心の方がさっぱり伝わってこない。移ろい易い幸福を
得るために戦々恐々としているので、どこまで行っても安心を得られないのだ。更にこの種の幸福を追い求
めている限り、幸福に届かないと不安、嫉妬、焦りで心が一杯になるのだ」
※結論から言うと、幸福な人とは「セルフイメージが高い人」のことだ。
【例証】黒柳徹子さんは小1生時親が呼ばれ言われた「おたくのお嬢さんがいると、クラスじゅうの迷惑になります。よその学校にお連れください」と退学させられたが、転校したトモエ学園校長が「君は本当はいい子なんだよ」これまで疎外感を感じていた彼女をいつも元気づけた。今でも嬉しく心がジーンとくる、その言葉があって自分は自分でいいのだと自信が生まれた。この言葉で今の私があると思う」と語る。
 このようにセルフイメージが高くなる出会いを経験すると幸福につながる。

U.セルフイメージを高めるための方法
 @自己暗示―自分が自分に向かい「自分は素晴らしい」と言う―力にならない
A他人の言葉や評価でセルフイメージを高めようとするー人は色々で当てにならず、時に失望落胆人生に導いてしまう。
【例証】聖書は放蕩息子の話の中で落ちぶれた放蕩息子に対して「誰一人として彼に与えようとはしなかった」と記しているがマザーテレサはこう言った「人間にとって最大の悲惨は、あなたは誰からももはや必要とされないと感じることです。それこそが人間にとって最もむごい事、寂しくつらいことです。「あなたはもう必要ではない」そのとき人は倒れます」と。これは今日多いのではないか!
 Bそんな世界で自らの価値を高めてくれる素晴らしい言葉がある
→イザヤ43:4「わたしの目にはあなたは高価で貴い。わたしはあなたを愛している」この読み方で注意しないといけないのは、ここを「私は価値がないけれど、神は私を愛してくださっている」と読んでいないか?!そうではない。神にとってあなたは本当に価値ある存在であり、あなたをとことん愛しておられるのだ。その愛は人が見捨てても価値づけセルフイメージを高める愛!

V.その愛を示されるキリスト
 キリストの十字架は壮絶な苦しみ。その中で誰もが見捨て自分でも最低のセルフイメージの強盗犯が十字架で最高の言葉をキリストからもらった「あなたは今日私と一緒に天国に行きます」死の時でさえキリストは最高の栄誉を与えられる。
posted by kbcc at 23:30 | TrackBack(0) | 礼拝

2019年07月22日

2019年7月21日礼拝メッセージ 「どうして私をご存じなのですか」ヨハネ1章43-51節音声で聴く。

ヨハネ1:43−51   「どうして私をご存じなのですか」   19/7.21

【序】私がクリスチャンになるまでは神とは物言わぬ偶像だった…。聖書を読むようになり真の神は天地万物を造り全知全能の生きた神であり、しかも愛をもって人の過去をも作り変えて未来を祝福される神であることを知った。今日出てくるナタナエルという人物はキリストとそういう出会いをする。キリストとの出会いを通して見いだす真理についてお語りしたい。


T.キリストはいかなる人をも価値づけ役に立つ者にされる

 ナタナエルは他福音書ではバルトロマイ。このバルトロマイの意味は「バル」=息子。即ちバルトロマイとは「トロマイの息子」との意味。こんな変な名前の付け方はない→」親は何らかの理由で息子独自の名前を付けなかった(価値がない?)そんなバルトロマイがキリストに出会い12弟子の一人として召される。ここに励ましがある。人には無視されるような人物であっても、神には尊い存在であり、かつ神のお役に立つ存在になりうるということである。ちなみにナタナエルとは神の賜物との意味(伝承では、キリストが新たに名を与えられた)

 【適用】お笑い系の芸能人が反社会的勢力の営業を受け嘘をつき謝罪もしないとマスコミに叩かれ職場から解雇された。でも事実は違ったようだ…。会社から謝罪をしたらクビだと恫喝されていた。会社保身のために個人を潰しにかかっていた。何とキリストと違うことだろう。


U.キリストは人に会う前からその人の過去も未来も知っておられる

「どうして私をご存じなのですか」(48)

 不思議なことだが、人が初めて教会に来るまでに神はその人のことを知って

いるということ。【証】私の場合も教会に来るまで神に知られているとは想像さ

えしなかった。しかし教会に来て「あなた方がわたしを選んだのではない。わた

しがあなた方を選んだ」(ヨハネ15:16)を読み驚いた。すると交通事故や父の事

業の倒産のことも知って救いを与えるために教会に導かれたのだと悟った。

すると私の過去の人生の虚しさや出来事の意味が変わるという人生の変革を経

験した。→キリストはあなたのすべてを知っていて導いておられるのだ。


V.キリストは隠れた善を覚えてくださっている

「ピリポがあなたを呼ぶ前にあなたがイチジクの木の下にいるのを見た」(48)

イチジクの木の下は敬虔なユダヤ人が仕事の手を休めて日陰ができる大きな葉っぱの下に身を隠して、神に祈る場所であった。ナタナエルは日中人に隠れてひそかに真実に祈る人物であり、主イエスはその祈りの姿を知っておられた。こんな麗しい姿を知られるのは幸い!

【適用】私たちはどこで花を咲かせ、実を付けているだろうか?

外ばかりが目立つが内実の乏しい私たちではないだろうか…。ナタナエルは外ではなく内に実を結ぶ。イチジクは無花果と書くが、無いのではなく外ではなく内(実を割って見られる赤い点々が花)に花を咲かせている。そうありたい!

posted by kbcc at 19:44 | TrackBack(0) | 礼拝