2017年06月12日

2017年6月11日礼拝メッセージ「諦めてはいけない」創世記40:1-23 音声で聴く。

創世記40:1-23         「諦めてはいけない」         17/6.11

【序】長期の幸せは大歓迎だが、長期試練は嫌なもの。一回なら何とか踏ん張れるが、続くと、めげてしまうのが人間。でも決して諦めてはいけない。試練は嫌だが、そんな中でこそ学ぶ真理があるのも事実。それを学べば、後の人生にどれだけ糧になるか計り知れない。ヨセフの体験から三つの励ましを得たい。


T.試練は罪の所為ではない

日本では「因果応報」思想が根強く、悪の結果は悪の原因に因るとするが違う。

ヨセフは忠実にポテパルに仕えていたが、主人の妻からの誘惑を立派に退けたにも拘わらず冤罪で獄中に!正しい者が不幸に。何という悲劇。

【適用】「ヨセフの様に立派だからそう言えるので私のように罪深い者はとてもとても」という方よ。聖書はこういう→主が懲らしめるのはあなたが憎いからではなくあなたを愛しているからです。主がむち打つのはあなたが真に神の子供だからです」(へブル12:6リビングバイブル訳)

だから罪の原因探しをやめてヨセフのように日々の務めを淡々とする事だ(4)

やがて神からの光が差し始める!


U.親切はしておくもの

 入獄中のヨセフの監獄に、二人の役人が入獄(1−3)。ヨセフには無関係のように思うことだが、ヨセフは変わらず彼らの世話をし、彼らの胸騒ぎに応えてあげようと(7)夢を聞き、その夢解きをする。ヨセフの言葉が素晴らしい!「夢解きは私の得意」とは言わず「神が解かれる」と証したヨセフ(8)これが後の釈放に深く影響する。何が幸いするか解らない。人には親切しておく事が肝要。

「愛は親切です」(Tコリント13:4


V.人を当てにしてはならない

 夢を解き明かし高官にエジプト王への執り成しを依頼したが(14)、忘れられてしまう。(23) 人は当てにならない。

 しかし14節のヨセフの言葉「あなたが…になった時私を思いだして下さい」は、あの十字架の強盗の言葉を思い起こさせる。彼も主イエスにそう言った。主は「今日あなたは私と共にパラダイスにいるであろう」(ルカ23:42.43と真実に約束された。キリストこそ当てにできる方!苦難の中で学ぶ大切な真理! 主は決してあなたを忘れ給うことはない!

【結び】1970年アメリカが打ち上げたアポロ13号は55時間後、地球から33万q離れたところで、酸素タンクが爆発し、宇宙船内の大半の酸素が失われるという大事故に遭遇した。酸素喪失は宇宙船内の全機能停止に至り、やがて永遠の彼方に飛んでいってしまう。宇宙飛行士達の死は確実という重大事故であり、NASAでは大統領の殉職声明文も用意した程。そんな絶体絶命の中で3人の乗組員達はもう諦めて死の恐怖に陥っていたか?否!全員クリスチャンであった彼らは聖書の言葉を信じて祈った→第1コリント1013節!すると素晴らしいアイデアが生まれた。宇宙船から脱出し月面着陸船に乗換え、着陸船内の酸素と電気を使えば、地球になんとかして戻る事ができるのではないかというアイデア。そして見事に奇跡の生還を遂げたのだった→決して諦めてはいけない!

posted by kbcc at 14:29| 礼拝

2017年06月05日

2017年6月4日礼拝メッセージ「幸運な人」創世記39:1-6 音声で聴く。

創世記39:1−6          「幸運な人」           17/6.4

【序】あなたは運に強いか弱いか?…ゲームで白玉と黒玉が箱の中に入っている。「白玉を引き上げたら豪華な賞品、黒玉ならたわし」そう言われて私は「たわし」になる。だから次は思う反対を選ぶと、それが又見事にたたわし!

私は運に強いタイプではない。しかし聖書はヨセフを「幸運な人」と言う。聖書では全く違う意味を教えている。それは何か?又どんな幸運がもたらされるか。更にあなたも又幸運な人になれることを伝えたい。


T.幸運な人とはどんな人か

 一般的には「幸運とは巡り合わせが良い事」(:たまたま1枚買った宝くじが1億円!)

しかし聖書で幸運な人とは→がヨセフと共におられたので、彼は幸運な人となり」(2)

つまり、幸運な人とは=神が共におられる人のことである。あなたが神を信じ神の言葉に従って神と共に生きて行くなら、あなたは「幸運な人」なのである。

∵1.最大の恐怖である死と死後の裁きからキリスト信仰の故に救われている

 2.あなたを最後まで愛し支え祝福して下さる神が共におられるから

 一般的に運が強いと言っても人生は山あり谷あり。全人生の運が強い人はありえない。しかし神を信じ従う人の人生は信仰後生涯ずっと幸運な人になれるのだ。


U.神が共におられる時、どんな幸運がもたらされるか

1.苦難を益に変えられる導き()

ヨセフが奴隷として売られたのはエジプトのポティファルの所だった。これが苦難を益に変える導きの始まり!なぜならヨセフは後に冤罪でポティファルに監獄に入れられるが、そこで王の側近と出会い、夢を解き明かした事によりエジプト大臣への道が不思議に開かれて賢い政策によって飢饉から全土の救いに至る。ポティファルの所に売られたからこそ大臣への道が開かれたと言える。

【適用】「百万人の福音」(17.7月号)に「困難も御心の印でもある」とあったが、見える現実は困難で意味不明であったてもその一点で全てを判断してはいけない。神と共に歩むなら苦難を益に変える神の導きがある!

2.成すべき事の成功(3)

ヨセフの成功の理由は能力ではなく主が彼と共におられ…成功させて下さることを見た」(3)

  【証】連合宣教師の開拓伝道…一回目は大成功、二回目は経験も積んだ筈が伝道所を閉じた… 

箴言10:22「主の祝福そのものが人を富ませ、人の苦労は何もそれに加えない」を心しておこう。

3.周りの人に及ぶ祝福(5)

  神の祝福はヨセフ自身だけではなく、彼が属している周りの人にも及ぶ祝福なのだ。「主はヨセフの故にこのエジプト人の家を祝福された」(5)

  【適用】信仰の恵みというものはあなた自身の祝福だけではなく、あなたが属している家族や職場、学校にも及ぶのだ! なんと素晴らしいことではないか。

   @あなたは自分を過小評価してはいけない。

A自分の力で影響力を付けようと焦る必要はない。あなたが心に留める事は唯一つ。神と共に歩む事である。すると神があなたとあなたの周りをも祝福して下さる! 


posted by kbcc at 12:58| 礼拝

2017年05月29日

2017年5月28日礼拝メッセージ「虚しさからの回復」ルカ19:1-10 音声で聴く。

ルカ19:1−10        「虚しさからの回復」          17.5.28

【序】TV番組に「なんでも鑑定団」がある。「お宝」を鑑定士から評価されるのだが、10万円で買った器が千万円と言われ

大喜び、逆に百万円で買ったが偽物で5千円、聴衆の笑いを誘う→結局価値は誰が作者かが決定的!今日出てくる人は自分

の価値を間違ったもので得ようと頑張った人である。しかし真に価値づけをして下さる方に出会い虚しさから回復する。

T.ザアカイが目指したもの

ザアカイ=「清い」の意味。しかし彼は「清さ」だけでは生きれないと目をつぶり、掴ん   

ではいけない金も掴み、乗ってはいけない話にも乗り、人の涙も無視して出世街道を走った。「取税人のかしらで金持ち」(2)―地位と富を得、目指していた成功者になった。それが自分を価値づけて満足できる人生と思っていた筈だが、そうではなかった。

U.成功者になったのに生じた三つの虚しさ

@思ったほど満足感なし

満足していたら、彼の生き方とは真逆なキリストに会ってみたいと思う事はなかった筈。 

  【例証】人間的に極みまで行った成功者に見られる不思議な虚しさ?!

○日本で最初のノーベル受賞者湯川秀樹 受賞の翌年エッセー『旅人』

私の関心は物理学ではありません、人間がどう生きるのか、命の問題です」

○豊臣秀吉の辞世の句「露と起き露と消えぬる我が身かな浪速の事は夢のまた夢…」 不思議!

※なぜ富や地位で自分を価値づけることができないのか?→「神は人の心に永遠を与えられた」(3:11)つまり神に造られた人間はその心に永遠なる神を受け入れて初めて満足できるのに、この世の一時的なものでは満足できない様に造られている。ザアカイは地位や富に囲まれてもこの虚しさを体験したのだ。

  A愛されない孤独

  「罪人」(7)→名を呼んでもらえない!人は仕事上自分の所に来るが愛されない寂しさ!川柳「退職金もらった瞬間妻ドローン」「パパお風呂入れじゃなくて掃除しろ」「愛犬も家族の番付知っている」「沸きました妻より優しい風呂の声」「職場でも家でも俺はペコ太郎」 現実は厳しく寂しい!

   【適用】孤独というのは内気とか友達付き合いが下手だからという理由で孤独なのではない。人は最後      

まで頼りになる友を持っていないという理由で全ての人が孤独なのだ。両親も友人もお金も地位も最後まで頼りにならない。ザアカイは人間として堪らない孤独を感じた。

  B罪を自覚し始めた

    「私がだまし取ったものは…」(8) これは素晴らしい自覚なのだ。罪を犯したことは悪だが、その自覚があるかないかが大切だ。

【例】教会学校教師が生徒に尋ねた「キミは死んだら天国に行けるかな?地獄かな?」生徒「良い事をした人は天国に行け、悪い事をした人は地獄と思います。僕は良い事も悪い事も両方したので中国に行きます!(座布団上げたい位)

しかし良い行いの人が天国に行き悪い行いの人は地獄に行くのではない。聖書の罪とは

関係概念である。つまり神に造られた人間が神との関係を持たない事が根本の罪!

(:子が親を無視して口を利かないなら最大不幸)ザアカイにこの自覚が生まれ悔い改めたのだ。

V.虚しさからの回復

  上記の三つの虚しさを払拭する方に出会った→キリスト!

キリストは彼が会う以前に彼の名と心を知っておられ(5)、彼の罪も知っておられたが見下す事なく却って彼の名を呼び、彼の家に入り、ザアカイをあるがままで受け入れて下さった→生きる喜び!

  【結び】一つだけ問題!→あなたはザアカイのように距離を置いて高い所からキリストを見てないか?「急いで降りてきなさい」人は変わり得る!


posted by kbcc at 12:43| 礼拝