2019年04月14日

2019年4月14日礼拝メッセージ 中西正夫牧師 ローマ5の5 「失望はあっても絶望はない。」音声で聴く。

ローマ5:5「失望はあっても絶望はない」 19/4.14メモリアル

【序】今日の説教題は「…」だが、これは聖書を読む人生を生きて55年、牧師になって45年の実感である。今日はこの事の体験の証と共に、それから見える聖書的真理を二つお話ししたい。


T.駅前伝道の証

私は開拓伝道の頃から続けている働きで金剛駅での路傍伝道がある。プラットホームに立つ方々を前にして椅子の上に立ちマイクをもって聖書のショートメッセージで語りかける。ある日話を終え帰ろうとした時、一人の男性が近づき私に「私は直ぐ裏のタクシー会社の車の中で何回もお話しを聞いていました。それで教会に行きたいと思うのですが」。その方はタクシーの運転手kさんだった。私は駅に立つ人々に語っていたがkさんは裏の車の中で聞いておられたのだ。「勿論です。どうぞ教会においで下さい」というで、次の日曜日から教会の礼拝に出席を始められ求道心も強く2年出席され聖書入門講座でも学び、神様の存在も十字架の意味もよく分かったが、中々信仰の決心に至らなかった。それは700年も続いたお家の跡取り息子で仏壇があり、その事で、どうしても洗礼の決意までには至らなかった訳だ。その問題が解決できないという事でやがて教会から遠のいて行かれた。

もう求道もここまでかと思っていた12年後のある日、札幌から電話が入った。それはその男性のクリスチャンの妹さんからで、妹さんの話によると、「今夏、脳内出血で一ヶ月半入院しましたが、意識朦朧となって倒れているとき十字架の幻を見た。その時中西先生のことが思いだされた。会いたい!悪いけれど連絡してくれないか」とのお話でした。私は「行きましょう」とお答えし、翌日出かけることになった。妹さんも札幌からわざわざ出て来るという。訪問してみると左足が少し不自由になったものの、言葉には不自由がなく、12年の経過も忘れて昨日のごとく、脳内出血で倒れた事や家庭の時間ほど話し続けられた。じっと聞いていたが、話が終わって私は言った。「kさん、神様から離れて生活してこられたけれど…もう充分でしょう。今回神様はkさんの命を守り、十字架を心の眼に見せてくださいました。どうですか?あなたのために十字架に黙ってかかり、罪の裁きを身代わりに受けて下さったイエス様を罪からの救い主と信じ従って行かれませんか?」「わかりました。お従いします」その後は短い涙の祈りだった。妹さんも「北海道から出てきた甲斐がありました」と喜びの涙。そしてやがて病床洗礼へと導かれた。


U.この経験を通して、分かる聖書的真理

1.人生、諦めてはいけない

「善を行うのに飽いてはいけない。失望せずにいれば時期が来て刈り取る事になる」(ガラテヤ6:9)善を行っている方よ。諦めてはいけない。

2.病と弱さ神の恵みに変わる

kさんは元気なとき、最後の信仰告白の決断が出来なかった。でも病を得て心が変えられ恵みを得た我が国では重い病や障害、不幸を経験すると先祖の祟り、因果応報だとか、心がけが悪いとか、とんでもない事を言われる、しかしキリストは全く違う素晴らしい事を言われた→ヨハネ9:1-3!病も障害も不幸も神の恵みの素晴らしさが現れる機会となる。【ハンセン病者玉木愛子…目を捧げ手足を捧げクリスマス

神の恵みは考えも生き方も変えるのだ。あなたにも知っていただきたい。

続きを読む
posted by kbcc at 11:56 | TrackBack(0) | 礼拝

2019年04月07日

2019年4月7日礼拝メッセージ「成功の秘訣」ヨシュア1章1から9節音声で聴く。

ヨシュア1:1−9   成功の秘訣」               

【序】誰でも置かれた環境で成功したいと思うだろう、敗北したいなどとは思わない。新年度で新しい環境の方も多く不安もあるだろう。モーセの後を引き継いだヨシュアもまたこれからの事を考えると不安だったが、神は未来に関する成功の秘訣を教えられる達もヨシュアと共に聞こう


1.過去の失ったものから目を転じなさい

 神がヨシュアに語られた最初のメッセージは「モーセは死んだ」(2)であった。

いつの時代でも失ったものは大概大切なものだヨシュアにとってモーセは大切な存在だった。あなたにとっても失ったものは大切な人、大切な事だったに違いない。の大切なものといういつの間にかそれに執着し依存に代わる。しかし本来依存するべきお方は神である筈。ここに何故人は喪失体験をするのか、の答がある。それは、真に喪失しないに信頼する事を学ぶためである。

パウロは「後ろのものを忘れ前のものに向かって体を伸ばしつつ」」(ピリピ3:13)と語るように前のものに向かって行こうではないか。また過去の栄光にも縛られないようにしよう。過去の栄光は明日の勝利の保証にはならない事も覚えよう。


2.未来の成功を信じなさい

そんな事を言っても成功するか失敗するか判らないではないかと思うだろう。ヨシュアもそうであったに違いない。しかし未来を正しく知られる神は事を始める前に「成功と勝利」を信じるよう励まされる→取るべき地の獲得()、誰も打ち負かされる敵はいない(5)神がいつも共にいてくださる(5)

【証】神は私の開拓スタートも駅前伝道の時も前もって語られその通りになった。

仮に大成功でなくても、失敗はないのだ

例証】曽野綾子著人は最後の日でさえやり直せる「おもしろい事に、信仰を持つようになると失敗した人生というものはなくなるのである。それは何をしても失敗しないというではない。ある人間の生き方が、常に神の存在と結ばれていれば、かりに些かの或いはかなり大きい挫折はあっても、どのような人生にも意味を見いだすができる。…これはいかなる政治家、心理学者、劇作家にもなしえない逆転劇であり、解放である」同じ一回限りの人生ならそう信じた方が良いではないか!


3.御言葉に従う道を選びなさい

成功には神の御言葉に従う事が大切(7)。時代が変わろうとこの原則は不変

【適用】ペテロが徹夜で働いて一匹も魚が取れず失意にあった、主イエスは彼に祝福の世界を見せようと彼に言われた「網を投げてみなさい」彼は昨日徹夜で漁をしましたが一匹も取れなかったのです」と反発したが「でもお言葉ですからでもやってみましょう」と従った。すると今まで経験したのない大漁だった。同じ様に見えるが、御言葉に聞き、もう一度するとき結果は違うのだ。素直になれず反発のときもあってもいいのだ、それでも従う事だ。聖書をただ聞いているだけでは何事も起こらない。聖書に従って人生進めてみようという気持ちになって従うが大切である。その時何かが起こった!あなたもそうされることをお勧めしたい。

posted by kbcc at 20:34 | TrackBack(0) | 礼拝

2019年04月01日

2019年3月31日礼拝メッセージ マタイ6:25-34「心配してはいけません」後藤献四郎伝道師音声で聴く。

マタイ6:25-34   「心配してはいけません」

【序】明日から新年度。進級、異動があり、新生活を始めるという方もいるだろう。あなたは明日が楽しみだろうか?それとも心配だろうか?不安な方にとっては、今日の箇所は朗報だ。キリストのメッセージは、2,000年という時代を越えて、現代の私たちの心に鋭く語りかけてくる。

Tなぜ心配してはいけないのか

@神が全てを知っておられるから

「あなたがたの天の父は、それがみな、あなたがたに必要であることを知っておられます。(32)」物事がうまくいかない時、私たちは神を遠くに感じてしまう。しかし、神はすぐ傍に、共におられる。「あなたがたの頭の毛さえも、みな数えられています。(10:32)」神はあなた自身も知らないあなたのことも全て知っておられる。あなたの生活の細部にまで、深い関心を寄せておられるのだ。

A 心配しても意味がないから

「あなたがたの誰が心配したからといって、自分の命を少しでも延ばすことができますか。(27)」【例】昔、思いッきりテレビという番組があった。よく、「〇〇を食べると良い」といった健康に関するテーマを取り上げていた。とても勉強になるが、毎日見ていると却って不安になり、心配になった。心配したからといって状況は好転しない。喜びは奪われ、健康にも悪い。だから、心配はやめよ。

B あなたは神の目に価値ある存在だから

日本人は自己肯定感が低い。多くの人は劣等感を抱いている。しかし、イエスは「あなたがたは、鳥よりももっと優れたものではありませんか。(26)」「まして、あなたがたに良くして下さらない訳がありましょうか(30)」と言われた。神は私たちをご自分のかたちに似せて創造された。人間には、人格(知性・感情・意志)、良心、霊(神と関わる能力)が与えられている。また、神はあなたのために、ご自分の独り子さえ手離して下さった!(ローマ832神があなたを放置なさるはずはない。

U心配から解放されるには?

「神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。(33)」義:神との正しい関係。これは、イエスを人生の全領域において主と認めよ。そうすれば、全ての必要は満たされる、の意。意識的にイエスを選ぶなら、その人は祝福される。【証】うっかりミスで借りた車に傷をつけた。神の前に心を探られ、おそるおそる返却しに行くと…。

【適用】神は独り子さえ惜しまれず、あなたを最優先にして下さった!あなたにとって、神は何番目だろうか?生活の全ての領域において神を第一にしよう!神の豊かな祝福を受け取ろう!

posted by kbcc at 10:11 | TrackBack(0) | 礼拝